゜・*:.。.2002・April.。.:*・゜

March Diary LINK HOME

April.30 (Tue)
朝起きて、紗依と甚兵衛を連れてひろちゃんと山梨の私の実家へ出発。
渋滞もなく、スムーズに八ヶ岳の麓まで行くことが出来た。

海抜700mほどあるこの辺りでは、空気が冷たい。 桜がちらほら視界に入ってくる。
まさか、この時期に鯉のぼりと桜を同時に見ることが出来るとは予測もしていなかったので
2人でとても驚いたりした。 萌木の村や、鯉のぼり祭りを見に行った後、親の家に到着。
丁度吾朗の散歩に出かけるところだったらしく、荷物を車に載せたまますぐに散歩に同行することに。
散歩の途中で山菜を積む両親・・・(笑) なるほど手ぶらで帰らないというわけか。
のびるや三つ葉をゲットした。 1時間近く歩いた後、夕食を4人で囲む。
普段お酒を飲まない彼が、父の強引な?勧めでビールやエビ酒を飲んでいた。

断りきれるはずもなく、注がれる度に口にする彼を見て私も母も
『やめなよ〜』を連発。 父は一緒に酒を飲んでくれるのがよほど嬉しかったのだろう。
超ご機嫌だ。 彼も、飲めないわけではないので父に付き合ってくれた。
私はそれがとても嬉しかった。 さすがに飲みなれていないのですぐに寝てしまった彼だが
彼なりに私の両親と打ち解けようと努力してくれた姿にちょっぴり感激(*^-^*)

April.29 (Mon)
今日、ふと玄関のポストを見たらなにやら紙切れが入っていた。
なんだろうなぁ?と見てみるとどうやら上の階の内装工事があるとのお知らせだった。
しかし、工事期間を見るととっくに過ぎている。 どうやら日ごろポストなど見ないので気がつかなかったようだ。
ここに引っ越してきて以来、玄関側に線路があるのだが反対側のベランダ方面から電車の音が聞こえるくらいで
特に隣近所がうるさいとは感じなかったのだが、今年に入って上の階がうるさいのが気になっていたのだけど
それは引越しの準備をしていたからなのだろう。 今になってようやく納得。 (遅すぎ・・・)
今日はとっても静かだ。

April.27・28 (Sat・Sun)
お昼前に目が覚めて、まずはひろちゃんの用事を済ませるために出かけた。
その後、近くの300円ラーメンを食べに行った。かけラーメンというのがあるのだが、のりしか入っていない。
私は普通のラーメンを頼んだ。これは400円。のりの他にメンマとチャーシューが1枚しか入っていない。
『メンマとチャーシュー1枚で100円なら、かけラーメンでもいいねぇ。』と嫌味をいいながらそれを食べた後
今度はひろちゃんの財布の中身を整理していたときに出てきた靴屋さんの割引券を発見したので
靴屋さんに行ってみることにした。 夏のサンダルが並べられていたが、実用性に欠けるものばかりで
(厚底や、つっかけばかりで会社に履いていけるようなものばかり)特に気に入るものはなかったのだけど
会社に置き靴としてちょうどいい靴を発見。 運動靴も欲しかったので、運動靴も見たりした。
そこで、2足買うことにしたのだがなぜだかひろちゃんの財布を当てにする私。(笑)
ひろちゃんは『なんでこうなったんだ? まぁ、いいかぁ。1足分は買ってやるけど、もう1足は出せよ』と
立て替えてくれた。 やったぁヾ(≧▽≦)ノ 靴買ってもらっちゃった♪
もちろんあとで1足分は出すつもり。 誕生日じゃないので、両方買ってくれとは言えない。

夜、PUPが仕事を終えて泊まりに来てくれた。 今日は、久しぶりのGirls talkの日だ。
最寄の駅前にあるSEIYUの食料品売り場でおつまみになりそうなものを購入。
早速家に帰って、まず私の好きなこんにゃくとたらこの簡単な煮物を作った。
たっぷりの日本酒を鍋にかけ、アルコールを飛ばす。 その中にこんにゃくとたらこを入れる。
火が通ったら砂糖少々に醤油、ひとつまみのだしのもとを加えて出来上がり。

ざる豆腐とスナック菓子をつまみながら、久しぶりの会話にも華が咲く。
PUPのことをご存知の方も多いと思うが、彼女自身もHPを持っているのでお互いにタグ入力の方法や
様々なソフトの話などをすることも多い。 近況報告や、PUPの新婚生活のことなど話は尽きない。
夜中の2時ごろになって睡魔が襲ってきたころやっと布団に入った。

次の日、お昼近くまで眠っていたのだがトイレで目が覚めた私はまず朝ごはんを作り始めた。
その音で目が覚めたのかPUPも起きだした。
朝ごはんは、エボシ鯛の干物と、昨日ののこりの煮物と味噌汁。 ふりかけ付だ。
その後も食後のコーヒーを飲みながらまたおしゃべりを楽しんだ後、PUPは次の日の里帰りの準備のため
早めに帰路に着いた。 とても楽しかった。

April.26 (Fri)
1週間以上も日記をさぼっちゃった(//▽//)ゞ
ここのところ、残業続きだ。 GWを挟んでこの時期は忙しいのだ。
特に今年は仕事がわんさか入ってきているので、各担当者はいっぱいいっぱいだ。

そんな忙しい中、とんでもないハプニングが起こった。
オフィスにある煙探知機のフタを天井まで届く扉で引っ掛けてしまい、
フタをつけようとした人が誤ってセンサーに触れてしまったのだ。
そのおかげでビル全体にけたたましいベルの音が鳴り響いてしまう。 なんとも不運だ。

そして、一番近い防火シャッターが閉まる音が・・・ ビルで働く従業員も何事かと集まってきた。
おそらく、防火シャッターが閉まるところを見たことがないので、見物にでも集まったのだろう。
明日からGWで皆忙しいはずなのに・・・

消防車に来てもらっては困ると、慌てて本社に電話する上司。 管理部の人も駆けつけて一時騒然となった。
そんな中、原因を知っている私はけたたましい非常ベルが鳴り響く中、自分の仕事を続けていた。
(だって、忙しかったんだもん) 数十分後、なんとか非常ベルの音が止まり、消防車が来ることもなく
セキュリティー会社の人が来てセンサーを取り外してくれた。
そして、なんとか防火シャッターを開けてもらい、通常通りの業務に戻ったが、上司は始末書を書くのに忙しそうだった。
フタを破壊し、センサーに触れてしまった不運な仕事仲間が取調べを受けていた。

そして明日からGWだというのに。他にもなんとか今日中に仕事を終えなくてはいけないのに。
上司はそれどころではない。7:05からの夜の休憩時間にも夕食を取ることなく黙々と仕事(始末書)をしていた。
かわいそうに。 仕方がないとは言え、自分がやったことじゃないのに始末書を書かなくてはいけないのだから。
そんな上司を横目に私はしっかりコンビニでかた焼きそばを傍で食べていたのだった・・・
深夜になってもその作業は続いていた。 もちろん、始末書に数時間も費やしているはずはないだろうけど
昼からなんにも口にすることなく既に10時間近く経過しているので、あまりにもかわいそうだったので
引き出しに閉まっておいた、私の大好きなせんべいを全部あげた。 ちょっと嬉しそうだった。
頼むから、上司たるもの仕事が忙しくて頑張るのはいいのだけど、ご飯だけはちゃんと食べてください・・・
でないと、私が食べにくくなる(笑)

April.17 (Wed)
銀行に行って、郵便局に行って、接骨院に行って…
木曜日、接骨院がお休みするということだし、鍼治療をしてもらった。
帰り際、刺しっぱなしに出来る鍼を入れてもらった。 痛くない。5mmくらいの短い鍼だ。

丁度、近くの手芸屋さんで2割引をしてたから、レースや布、リボン、ビーズ、造花の花などを購入。
リングピローを作ろうと思う。 いくつか作れそうなので、マタカに電話してマタカはどうするのか聞いてみた。
どうしようかなぁと悩んでいたものの、まだ決めかねているようだった。
『いくつかまだ作れそうだから、作ろうか?』と言ったら、とても喜んでくれた。

マタカはピンクが好きだから、ピンク系にしようと思う。 ハート型でレースをつけるつもりだ。
日程の都合上、マタカの挙式に出席出来ないので、せめてもなにか贈りたかったから私も嬉し〜い♪
出来上がったら、マタカにあげるまえに写真を撮ってHPに載せようっと。

April.15 (Mon)
仕事を終えた後、耳鼻科に薬を貰いに行ってきた。
薬だけ欲しいと受付に申し出たが、他に患者が居なかったし、
先週撮ったレントゲンの結果があるから診察していけば?と看護婦さんに言われて診察してもらうことにした。

先生は、机に座って看護婦さんと雑談をしていた。 もうすぐ診察時間が終わるからのんびりしていたのだろう。
でも、毎度のことだけど態度のでかいこの先生をどうも好きにはなれない私はちょっぴり不愉快だ。
それにこの先生は、人を小馬鹿にしたような口の利き方をする。 そういう大人は嫌いだ。

レントゲンの結果は、去年の11月の結果とほぼ同様。 おんなじ説明をしてくれる。
『蓄膿ね』と先生。 あぁ、そうなのか。 膿が溜まると軽度だろうが重度だろうが蓄膿は蓄膿なのか。
私はもっと蓄膿というのは、酷い症状のことだと思い込んでいたが、鼻が詰まれば立派な蓄膿なんだ。
だったら、私は風邪を引いて鼻が詰まったときには毎回蓄膿だったということになる。
なにも毎回レントゲンを撮る必要などなかったわけだ。
だって、結局レントゲンを撮っても膿を取り除く治療はしてくれないからだ。 レントゲンの意味などあまりない。

無駄な治療費(レントゲン代)を請求され、いちいち結果を聞きに来なくてはならない手間がかかり
でも結局は薬で治せる程度の蓄膿ならばレントゲンなど撮ってくれなくていい。
初診に金がかかり、レントゲンでまた取られる。 でも市販の薬では治らないから病院に来ているのだ。
高額な治療費は、望んでいる患者から取ってもらいたい。 こんな私からちょびちょびと取り上げないで貰いたい。

もんちゃっくのアドバイスでも『そんなのおかしいよ〜』という指摘をされたし、やっぱりこの医者はヤブだ。
どうして余計なことをするのだろう… 私は『レントゲンはいい』と断ったのに、半強制的に撮らされたのだ。
非常に迷惑だし、腹立たしい。 絶対に医者を変えてやる。 近くに信頼出来る、いいお医者さんはいないのだろうか…


そのあと、接骨院に行ってきた。 ここの先生は、とても良心的だ。
私が風邪を引いたと話したとき、丁度鍼治療もお願いしたのだが、先生は風邪に効くツボにお灸をしてくれた。
その後も風邪に効くツボにお灸をしてくれたりして。 
しかも料金は鍼治療のときの料金と同じだ。無駄な治療費は請求してこない。
先生の言いつけどおり毎日なるべく通うようにしていると、先生も一生懸命になってくれる。無駄口はたたかない。
でも、体調不良のことを気にかけてくれたり、頼んでいなくても風邪に効くツボにお灸や鍼をしてくれたり
その場になって鍼治療をお願いしたときも、なんとかこちらの要望に答えようと努力してくれるのだ。

こういう先生に見てもらっていると、こちらも努力しようと素直に思えてくる。
なるべく急に鍼をお願いするのは辞めようとか、治療のあと、タオルを形だけでもたたんでおこうなど…
やっぱりここの先生は、一生懸命患者の為に尽くしてくれているなぁと感じるのだ。 いい病院を見つけられてよかった。

April.14 (Sun)
昨日は帰りが遅かったので、今日起きたのは丁度お昼時…σ(//▽//) 

ひろちゃんからのメールが来ているか見てみたら、やっぱり待ちくたびれたような内容だった‘s(・'・;)
でも、昨日は1日朝から出かけていたので洗濯もしたい。
電話で用件を言って、慌てて洗濯機を回した。 風はそれほど強くなく、天気もばっちり♪
布団を干したり、部屋を片付けたりした。

冬物のコートでいい加減しまいたいものをクリーニングに出したり、お昼を食べに行ったりした。
今日のお昼はちゃんぽんだ。 それから、ひろちゃんの車のタイヤを交換するのを手伝った。
と言っても見ているだけ。 タイヤ交換を頼むと1500円取られるらしい。 だから毎回ひろちゃんは自分で交換する。
でも、前回ひろちゃんがタイヤ交換したときに、ボルトの山が削れてしまっていたらしく結局自分で取れなくて
ガソリンスタンドや、イエローハットなどをはしごしたため3時間も帰ってこないことがあった。
電話もくれず、心配した私がどうやらキレたらしくてひろちゃんは次回から手伝わせようと思ったらしい。
ある意味正しい判断である(^_^; 今日は天気もいいし、外に居た方が気持ちがいいのでうろちょろと邪魔しながら
タイヤ交換を見守った。 力仕事は出来ないが、せめてホイールくらいは綺麗に拭いてあげようと思い、せっせと磨いた。
意外と綺麗になるものだ。 夢中になってあちこち拭いているうちに、車本体が汚いのが気になり始めて
洗車しようよ〜とせがんだ。で、結局ひろちゃんは渋々洗車するためにガソリンスタンドに行き、
洗車と室内のクリーナーをかけてもらってお代は1400円〜(笑) せっかくの苦労(タイヤ交換)が水の泡と化した。
出かける用事も無いのに…(笑) でも私は大満足だ。  ←当たり前か・‥…━━━☆ 自分動いてないし(笑)
でも、1年に1回洗車するかしないかくらいの勢いで洗車はほとんどしないのだ。
あまりにも車がかわいそうだ… 白いボディーが真っ黒だからだ。 でも、私たちが一度掃除を始めてしまうととことんやるので
1日掛かりの大イベントになってしまうだろう。 だから、お互い車を洗おうとはほとんど言わないr(~-~;)

水垢は取れないが、少しでもピカピカになって気分もいい。 その綺麗になった車でSEIYUに夕飯の買い物をしに出かけて
今日の一日は終わった。

April.13 (Sat)
10:30頃の電車に乗って、東京方面へ。 今日は友達との集まりだ。
目的地は銀座。 ミーナと待ち合わせて、2人でおかゆを食べに行った。
ミーナの結婚式2次会の会場になったお店の隣にあるおかゆ屋さんはお客さんでいっぱいだ。
お粥とワンタンスープ・中華風の味付けをしている温野菜と、ウーロン茶で茹でた卵と
蒸しパン数種類から1つ選べて1000円だ。 ワンタンの皮はすごく薄くて、ツルツルだった。美味しかったよ。

その後、ミーナと2時までブラブラとウィンドショッピング。 そのとき、入ったお店でタンクトップとニットを買った。
2時過ぎになって、他のメンバーとも合流。 美味しいタルトのお店があるから…と行ってみたら
ものすごい混んでいて、待ち時間が2時間と言われた。 お店の中は身動きが取り難いほどのお客さんでいっぱい。

そのときだ。 お店から丁度出てくる人の中で、見かけたことのある顔を発見。
目が合うと向こうも私に気がついた様子。 記憶の糸をたどっていったら、NZでのワーホリ時代、同じ学校に通い
同じ寿司屋で働いた亜矢さんだったのだ(゚ロ゚*)ノ  3年ぶりである。
あのときは別れたのがNZだったので、帰国してから一度も連絡していなかった。
二人でキャーキャー興奮しながら、電話番号を交換した。  驚きの再会にミーナたちもびっくり。
嬉しい出来事だったo(^-^)o

そして、私たちは混んでいるお店で2時間も待つ体力はなく、諦めてタルトを持ち帰りで購入し、
途中ドトールでカフェオレも購入し、国際フォーラムのところで食べた。 みんな別々のタルトを買ったので、
一口ずつ齧らせてもらいながら5種類のタルトを堪能♪ どれも甲乙つけがたいくらい美味しいのだ。
甘さも控えめ、でもそれぞれのタルトの特色があって食べやすい。 お店でゆっくり食べたかったねと話しながら
1個ペロリと平らげた後、ウィンドショッピングに繰り出す。

最近、私とミーナは手作りのビーズアクセサリーにはまっていて、アクセサリーコーナーではデザインをじっくり見て周る。
見て作り方がわかるものと、複雑だったりしてこれは買ったほうが安いとかいろんなことをおしゃべりしながら
見て周るのは楽しいヾ(≧▽≦)ノ その他にも、爪が割れやすいと誰かが言えばどこどこのお店のクリームがお勧め
だから行って見ようとか、まゆ墨でこういうのが欲しいんだけどオーブではもう製造中止になっちゃって…と言えば
じゃぁ、XXXというお店でいろんな種類のが安く手に入るから見に行って見ようとか、友達は私よりもずっと情報に詳しい。
これだから、私は雑誌など全く見ないのだ(笑) だって、ミーナたちに聞いたほうが早いし、失敗が少ないからだ。
お陰で、捜し求めていたものを買うことが出来た。

夜は、スペイン料理を食べに行って来た。 大皿を囲んでみんなで食べるのは楽しい。
こういうとき、あれが食べたい・これが食べたいと提案するのは大抵私とアーヤだ。 そこにアドバイスを入れるのがミーナ。
食べられる・食べられないを申告するのは各自だが、一度も揉めたことは無い。
コマチとトーコはどちらかというと遠慮がちだが、不満もないようだ。 美味しいワインを飲みながら、美味しい料理を食べる。
普段なかなか会えない(互いに遠距離の為)けど、話が尽きることは無いし、いっしょに居て気が楽だ。
気がつけば既に10時を回っていた。 しゃべりすぎ(笑) 有楽町駅で別れた。 ミーナとは新宿まで一緒。
東京駅でミーナの旦那と合流し、今日あった出来事を報告。 楽しい1日はあっという間に終わってしまった。
自宅に到着したときには12時半を周っていたのであった。

April.12 (Fri)
昨日の夜から雨だ。今朝も雨。少し肌寒い。
喉の痛みはほとんど治まり、扁桃腺の腫れも後少しで治ってしまいそうだ。

明日は、学生時代の友達と会う約束をしている。 お昼に待ち合わせをしてお粥を食べに行く。
楽しみだぁ〜q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p  特にミーナとはいっつもみんなで集まる前日には
連絡を取り合って早めに待ち合わせて2人でブラブラしたり、お茶したり。
全員との集合時間まで待てずにはしゃぎまくりだ(笑) だってたのし〜んだもぉん。

April.11 (Thu)
相変わらず咳は出るものの、鼻つまりはほとんど無くなった。
今日から会社に復帰だ。 久しぶりの化粧にも気合が入る…σ(//▽//) 

会社に到着して、上司に挨拶すると『今週いっぱい休めばよかったのに。もういいの?』
と優しいお言葉。 ありがたいことだ。 

April.10 (Wed)
鼻つまりはほとんど無くなった。 今日は肌寒いようだが、家の中は快適だ。
そう、今日も休ませて貰った。 これで土曜日から数えて5連休。
4月に入り、本年度分の年休を貰ったので余裕があるからいいようなもののなんとも情けない。 
母親に知られたらきっと『健康管理も仕事のうち』と注意するだろう。 ここは黙っておいた方が良さそうだ。

扁桃腺の腫れも引いてきて、熱も下がってきた。 咳が出るが、直りかけの咳だ。
明日には会社に行けるだろう。

ひろちゃんが会社から帰ってくるときに携帯のメールに『欲しいものはないか?』と打ってくれた。
仕事が忙しいだろうに、風邪を引いている私に気を使ってくれているようだ。
チョコレートケーキが食べたいと返事を出したら、近所のケーキ屋さんでチョコレートケーキを買ってきてくれた。

April.9 (Tue)
昨日の夜になって、喉のあたりを触ってみると扁桃腺が腫れている模様…
後頭部は痛いし(熱のせい) 体の節々も痛い。
朝から耳鼻咽頭科へ行ってみることに。

既に10名近くの患者が診察を待っている。 ここのところ、陽気が良くなったり悪くなったり
不安定だったせいもあるだろう。 口内炎が痛むという老夫婦も来ていた。
診察を待っている間、子供がお母さんとおばあちゃんらしき人に連れられて病院に来ていた。
そのガキお子様は、年齢で言うと5歳から6歳くらいだろうか…
とても大きな子で、なんともふてぶてしい顔をしている。 (ただ単に太っているだけなのだが)

小さな待合室で人間ウォッチングをしていたら、自分の順番が来た。
診察室に3名ほどの患者が呼ばれる。なんとその子供も呼ばれたようだ。
私の診察が終わり、熱を測っている間、その子の診察が始まった。

先生が『◎◎くんはいくつ?』と質問する。 母親が『3歳です』と答える。 ||||( ̄▽ ̄;-)||||
5つか6つだと思っていた子はなんと3つという。 どうりで、鼻紙をおばあちゃんに渡すわけだ…
3つならやるだろうし、おばあちゃんも渡されれば受け取るだろう。
そして、先生が『体重はいくつ?』と質問する。 母親が『30Kgです』と答える。
なんと、3歳にして30Kg!それは太らせすぎである。 
母親が『よく食べるので、つい…』と言い訳をしている。 そんな母親もぽっちゃり系だ。
先生は『それはまずいよね。 まず運動させてあげないと。』と注意をしている。
先生と母親のやりとりを聞いていると、この子は無呼吸になるらしい。 そりゃぁなるだろうよ。
あんなに太っていたら、脂肪が喉を圧迫してしまう。 良く食べるのはいいことかもしれないが、
肥満は子供でも危険だ。 TVでもその危険性はいつも訴えられている。
私は思わず笑ってしまった。 先生が『なに笑っているの?』と言って来たので笑いをこらえたが
私の鼻のレントゲンを撮っているときに『あれはまずいよなぁ?』と言っていたので、立場上あのときは
母親をかばうような気持ちだったのだろうけど、内心は呆れていたのだろう。

本当にびっくりした…(;^_^A 教訓:3歳でも食べさせると30Kgになる…

April.8 (Mon)
土曜日から調子が悪くて、月曜日会社を休んだ。
鼻水が止まらない〜〜〜〜〜〜(T▽T)
市販の薬で治るかしら・・・・

April.5 (Fri)
昨日、仕事を終えて接骨院に向かう途中、右肩になにかが当たったような気がした。 
虫かな…と思ったのだけど、昨日・今日は風が強く通常では肩に当たったことを認識できるような大きな虫など
飛ぶはずがない。 
何気なく右の耳に手を当てると、つけていた一番お気に入りのピアスが無くなっている事に気がついた。
 
この強風だ。 もし落ちてしまったら、車の往来が激しい道路に飛んで行ってしまい踏まれたら粉々になってしまう!
焦った私は自転車を降りて右肩になにかが当たったと感じた周辺を歩いて探したが見つからない。
日も暮れて外灯もそんなに明るくないし、懐中電灯など持っている筈もなく、自転車の電灯はこがないと
点かない代物だし、自動車もあてにならない。 

このピアスは私がワーホリ時代、NZのマーケットで見つけた親指の爪くらい大きなムーンストーンがついている
ピアスで、節約しなくちゃいけない中、思い切って買った思い出の品だ。 諦めるにはあまりにも惜しい。
でも接骨院は7:30まで受け付けで、時は既に7時を回っている。 とりあえず、接骨院にも行かなくちゃ…
そう思ってその場を立ち去った。 もちろん左の耳にしていたもう片方のピアスは無くさないようにしまった。

接骨院で治療してもらったあと、ひろちゃんに電話。 もう家に着いているようで私の帰りを待っていてくれてた。
でも、ピアスをもう一度探しに行くと伝えて、現場に戻ってもう一度探す。 
大きな石だから、光に反射してくれれば比較的見つけやすいはずだ。 でも、反射しているのは事故などで
飛び散ったであろうヘッドライトの破片ばかりで、私の大事なピアスは見つからなかった。

こんなに強風の日に、キャッチのついていないピアスなどしたからこうなったんだ…
自分の責任だし、きっと強風でどこかへ飛ばされてしまったかもしれない。 ひろちゃんも待っているし帰ろう。
そう言い聞かせて夕飯の買い物をし、ひろちゃんの家に帰った。

玄関を開けたらひろちゃんが出迎えてくれた。 『どのピアスをなくしたんだ?』 と心配してくれた。
見つからなかったことを伝えて、残ったピアスを見せて玄関で半べそだった私を見てひろちゃんは自分も探しに行こうと
思ってくれたようだ。 でも外は暗いし、また明日…と話していたときに何気なくジャケットの右ポケットに入れていた携帯を
取り出したとき、まだなにか入っていることに気がついた。よく見ると探していたピアスだった。 
右肩になにか当たったなと思ったとき、なにか落ちたら音がするはずがしなかったので変だな…とは思っていたが、
まさか自分のジャケットのポケットに落ちたとは思わなかった。
どうやら、肩をすくめて前かがみになって自転車をこいでいたので、落ちたときポケットの口が大きく開いていたようだ。

こうして、私は大事なピアスを無くさずに済んだのだった。

April.4 (Thu)
Allen Rd.(本館)とAllen Rd. II(別館)を1つにまとめて、
大容量を無料で借りることのできるサイトへのお引越しを済ませ、各ページの修正作業をしているところ。
各ページきちんとリンクが貼れているかどうか確認するのはとても大変だ。 できることならもうしばらくはやりたくない…

まだまだ抜けている個所が多い為、みなさんにはご迷惑をおかけするかもしれないが、修正作業は80%ほど
既に終了しているのでそろそろ本館・別館を閉める作業に入ろうと思う。
カウンタは本館で表示していた数字を引き続きカウントさせる予定だ。 こんな私のページに来てくださる
人が沢山いるおかげで、5200を超えたカウンタをゼロにするのは勿体無いからだ。

思い起こせば、最初はダイビングや旅行記を中心にした自己満足のページ作りから始まり、
気がつけば紗依や甚兵衛のページが増え、次第に雑貨の小部屋だの、ワーホリ時代の親友のページだの
コンテンツが沢山増えた。 私的には、もうちょっと参考になるページつくりを目指したいなと思う。

April.1 (Mon)
今日も肩こりと腰痛が辛かったので接骨院に行ってきた。
もう迷わない。 一番最初にお世話になった先生のところへ行こう。 そう決めた。

鍼治療と、お灸、電気治療とマッサージでトータル1時間ほど…
内容の濃い治療に大満足だ。

夜、もんちゃっくのページに行ってみるとPCの調子が悪いとあった。
電源がPCに供給されていないらしい。 接触不良だろうか…
ケニアでPCが壊れてしまうとまともに修理にも出せないだろう。 気の毒に…
インターネットは彼女のストレス発散でもあり、お楽しみのひとつだ。早く直ってくれるといいなぁと思う。

March Diary LINK HOME