゜・*:.。.2002・October.。.:*・゜

September Diary LINK HOME

Oct.29  (Tue)

友達のQOOちゃんからメールが届いた。
『今週だね。今週だよ!今週末だよ!!』と自分のことのように私の結婚を喜んでくれた。
しめくくりに『素敵な式になるよう祈ってる!』とあって、本当に涙が出てしまいそうになった。

友達っていいなー(*'-'*) ってすっごい思った。 

掲示板にもいろんな人から励ましのメッセージを貰ったり、お祝いのメッセージを貰えて
挙式に出席してくれる伯母ちゃんからも連日のように『楽しみにしているよ!』と心待ちにしてくれてて、
別便でグアムに来てくれる友達も、とっても楽しみにして貰えてて、もう嬉しくて胸がいっぱいだ…

あーダメだー  挙式までに涙が枯れてしまいそうだ〜〜〜〜

Oct.28  (Mon)

仕事を終えて家に帰ってみるとポストに1通の手紙が届いていた。 差出人はひろちゃんのお母さん。
あて先はひろちゃんになっている。  日曜日に電話で話ししたときにはなにも言っていなかったのにどうしたんだろう?と
とりあえず彼の帰りを待った。 その間に、グアムに持っていくワンピースをクリーニングに出していたので取りに行って来た。

家に帰ったら彼も帰ってきていた。 開けて見ると手紙が入っている。 そして封筒を開けたときに隙間から私への手紙があると
彼は私に手渡してくれた。 そこには温かいお義母さんの気持ちが便箋に溢れるほど込められていた。  
とても嬉しかった。もちろんお礼の電話をした。 お義母さんの声を聞いて、優しい気持ちになれた。 お義母さんありがとう。

Oct.27  (Sun)

今日も体調を整える為?! ゆっくり朝寝坊をした後、定番のペペロンチーノを作った。
食べ終わって本日の活動開始。 私はシーツを洗濯している間、部屋の掃除をする。
彼は甚兵衛のゲージを掃除してくれた。 
その後、近所のドラッグストアがポイント2倍デーだったので、シャンプーや水切りネットなどの生活用品を買いに。

先日、彼がネットオークションで手に入れてくれた保温鍋を早速使うため、使用第1弾はカレーに決定。
買い物から帰ってきてからカレー作りに取り掛かる。
夕方、いつものように笑点を観ながら夕飯の準備をして、ちびまる子ちゃんとサザエさんを見ながらの夕食。
お風呂に入ってメールや掲示板をチェックしていたら、もんちゃっくからの書き込みで
『独身最後の日曜日はいかがお過ごし?』とあって、ようやく気が付いた。 そうだ。 今日は独身最後の日曜日だった…

2人で『今日くらい別行動取って、思い思いに過ごせばよかったね』などとのん気な会話を交わして布団に入った。

Oct.26  (Sat)

10時近くまでゆっくり寝坊をして体を休めた後、ホットドックを作って食べた。
今週末は挙式直前の最後の週末。 2人共最後の荷造りやとにかくのんびり過ごすことを目標としている。

お昼頃、2人揃って床屋さんへ。 彼は今月の頭にも散髪しに行ったのだが、今日も髪の毛を揃えて貰うことにした。
やっぱり一生に一度の晴れ舞台だもんね♪ そして私は産毛剃りをお願いするために一緒に行ったのだ。
床屋さんなので、当然お客は男性が中心。 背中の産毛を剃ってもらうにもやはり周りが気になる…
一応多少見えてもいやらしくないスポーツタイプの下着を着けて行ったのだが、剃ってくれたおばちゃんがブーケで
見えないようにすればするほど周りの視線を感じるのがちょっと嫌だった。

しかし、前例があるようで店長さんは『店員の休憩所でやってあげてよ。』とそのおばちゃんに指示してくれた。
ありがたーいヾ(≧▽≦)ノ  そこで、早速うなじと顔剃りをお店でやってもらった。
隣に座っている彼も気にしてくれていた。 眉毛も整えてくれて、仕上げには化粧水や乳液を丹念に塗ってくれた。
終わった後、休憩所に連れて行ってもらって背中をやってもらった。
綺麗さっぱり♪ 値段も手ごろな\2,500- 彼が自分の散髪代と一緒に支払いをしてくれた。

夜、お風呂から出て背中を見てもらったら休憩所がちょっと寒かったのでおばちゃんが早く仕上げようとしてくれたのか
それとも照明がちょっと暗かったからなのか、多少の剃りムラがあることが判明。
そこで急遽彼が剃り直してくれることになった。 お陰で本当に綺麗になった。

最初から彼にやってもらったほうがよかったかな????(笑)

Oct.25  (Fri)

ワタベの担当者の方から留守電が入っていた。
『打ち合わせの時間を変更できないとの回答が…』とのこと。 もちろん私が憤慨したのは言うまでも無い。
すぐにワタベへ電話したが担当者の方は接客中との事で、応対してくれた方に事情を説明した。

家に帰って再度電話をかけたら、担当者の方から
『前後ともに時間が押し迫っているようで変更できないのですが
私からの提案ですが、打ち合わせは電話で済ませられることですので、
支払いやレンタル衣装合わせは次の日の挙式前にされてはいかがですか?』と言われた。
事情を知って早めに帰宅してくれた彼に電話口に出てもらって話をしてもらった。

結局、話を聞くと前日の打ち合わせの内容はオプションの確認等で挙式のリハーサルをするわけではないということや
私たちの挙式が13:30〜ということもあり、挙式当日の午前中でも充分に間に合うことが判った。

私たちの計画では、夕方に彼の家族が現地入りするので夜は全員で食事をして、その後にエステに向かう…というものだったので
希望が叶ってホッと一安心。  挙式をお昼過ぎにしたことがよかったと改めて感じたのだった。

彼のほうから退社直前に、上司にメールを出してもらった。 
事後報告のつもりでいたようだが、やはり事前報告してもらったほうが私としても休みを取りやすい。
あとは出発当日を待つのみか?!

Oct.24  (Thu)

夜、弟から電話があった。 ワタベから同じように書類が送られてきて、それについての質問だったようだ。

良く中身を見れば、質問することなどほとんどないはずなのに…
やつは全く見ていないようだ。 結局全ての書類について説明する羽目に…弟よ、世の中そんなに甘くはないぞ。

義理のきょうだいがついこの間、同じグアムで挙式をしたときに、弟は一緒にグアムに行っているので
初めてではないのだが、弟は仕事の関係で1人で夜飛行機に乗るハメに。 なので、今回は心細いようだ。
でもね、弟よ。私は17歳のとき生まれて初めての海外旅行で1人でアメリカに行ったのだよ。そう言って励ましたのだ。 

頑張れ弟。 飛行機に乗ってしまえば、あとはみんなと同じ方向に歩いて行くだけだ。 奮闘を祈る…アーメン

Oct.23  (Wed)

今朝、会社で朝礼があったので朝礼の後に社長に結婚することを報告した。
社長に相手のことを聞かれたけど、『恥ずかしいから聞かないでくださいよぉ』と笑ってごまかした。
事後報告でいいじゃ〜ん?(°_。)?(。_°)?  事務の人に書類を貰って帰ってきた。

午後、ワタベに電話して日程の変更を依頼した。
私たちがグアムに到着するのが午後の2時過ぎなのに、打ち合わせが6時からで、8時からエステが入っていたのだ。
一体いつ夕飯を食べるんだ??? 私には絶えられないぞ。
しかも、初日は両親が顔を合わせるので一緒に夕飯をと考えていたのだ。
リクエストを出して、変更完了したらまた連絡をくれることになっている。

Oct.22  (Tue)

挙式まであと11日。 グアム出発まであと10日と迫ってきた。 なんかドキドキする・‥…━━━☆

毎日のようにヘアスタイルのリハーサル時に撮った写真を眺めてはニヤニヤする私。
でもまだ口紅の色で迷ってる。 自分的には、ローズ掛かった茶系のほうが顔がはっきりするので気に入っている。
だけど、海外挙式だしやっぱり花嫁はピンクかな…とも思ったり。

ついこの間まではなんだか人事のようで、緊張の"き"の字もなかったのに。
友達には『大丈夫なの? なんか誰が結婚するんだ?って感じだけど…』と散々心配をかけさせていた私。
でも、やっぱり私も人の子? 目前になって緊張してきた。  大丈夫かなぁ??? 

夜、ワタベから荷物が届いた。挙式手配最終確認書だ。
入国審査の時に必要な書類も入っていた。 早速中身を確認。

Oct.19  (Sat)

ヘアスタイルのリハーサルをしてきた。 朝からひろちゃんを引き連れて美容院へ。
この美容院は、お店がOPENしてからの付き合いでもう10年近くになる馴染みの美容院。
私が高校生卒業間近くらいから通いつづけていて、私の髪質や頭皮の状態、性格まで知り尽くしている。

初めて茶髪に染めるときも、『あんまり茶色にすると品が無いからダメ』と言う位。
まるで私の母親のような人だ。 品の無い髪の色や、パーマをかけようとするとダメだと言ってやってくれない。
私はお客なのに…  でも逆らえない。 
私は頭皮が弱くて、ちょっとした刺激で頭皮が腫れたり、傷が残ったり、すぐにトラブルになってしまう。
それでもパーマをかけるときには、負担がかからないように工夫してくれたり、
刺激の弱いパーマ液を使ってくれたりと常に気遣ってくれるのだ。
長年付き合ってきたからこそ、私も信頼している人だ。

先日リハーサルをしたいと相談したときにも快く引き受けてくれた。

まずホットカーラーで巻いた。 私は髪の毛が多いので人の倍ホットカーラーが必要だ。
それから、ポニーテールのようにアップにして毛先は動きをつけてピンで留める。
オーソドックスな髪型だ。 

それから今度は、美容師さんが考えてくれていた夜会巻きのアレンジに挑戦。
通常なら、ボリュームを出すのに苦労するヘアスタイルも私の場合はいかに
ボリュームを押さえるかが大変なようだ。

出来上がった夜会巻きは、想像以上に素敵だった。
ちょっとレトロな雰囲気のある前髪や、トップの流れるようなねじれも綺麗にまとまっていて、
こんな素敵にしてもらえて感激だった。 
私の持つ雰囲気や、写真で見せたドレスに合うヘアスタイルをつくってくれて嬉しかった。

他のどの雑誌に載っていた最新の流行ヘアスタイルよりも、
私はここのママがアレンジしてくれたヘアスタイルが気に入った。
その髪型をひろちゃんがママに撮影ポイントを聞きながら何枚も写真に収めてくれた。

『まだ高校生だったあなたが、結婚するんだもんねぇ… 幸せになるのよ』と言ってくれた。
お祝いだから…と髪飾りをプレゼントしてくれた。 ヘアメイク代もかなりサービスしてくれた。
やっぱりママに頼んで大正解だった。


詳しく知りたい方は、*Hairstyle*  ←こちらから 

Oct.17  (Thu)

CMASのカードが届いた。 旅行保険の証書と冊子も同封されていた。
これでとりあえずは保険のことも安心だ。

Oct.16  (Wed)

今日は生理痛でちょっと辛い… でも、こんなときひろちゃんはとっても優しい。

仕事の方は順調だ。 私の仕事は終わりに近づいた。 今週末からは旅行の準備をはじめようと思う。
彼のほうはまだまだ安心できない状況のようだが、なんとかなるだろうという見通しだった。

明々後日はヘアのリハーサルだ。 朝ちょっと早いけど、彼にも付き添ってもらって出来上がったヘアの
写真を撮影してもらうことになっている。 

夜、ひろちゃんのお土産の長浜ラーメンを食べた。
さっぱりとんこつスープは美味しい!!!! 替え玉が欲しくなる ( ̄¬ ̄) ジュル・・・
でも、それをしないのがルールなのだ。

Oct.15  (Tue)

日本にとって、今日は歴史的な日となった。 24年前、北朝鮮に拉致された被害者5名が一時帰国をしたのだ。

タラップから降りてくる5名の表情と、会見での『長い間心配をかけた。申し訳ない。』という言葉が印象的だ。
全員無事で帰って来れなかったことが残念でならない。
でも、これで一歩前進したと思って私たち国民はそっとしておいてあげるのが何よりだと思う。
もちろん、今だ情報が入らず状況の判らない被害者たちのことを知る上で彼らに聞かねばならないことも
山ほどあると思う。 いろいろと配慮するべきことはあると思うが、何事も旨く行って欲しいと思った。

Oct.14  (Mon)

お昼にPUPが家まで送ってくれた。 家に帰ってきて、まず片付けをした。

挙式関連書類や、請求書など大事な書類をファイリングしたり洗濯物を片付けたりした。
その間もひろちゃんはマメにメールをくれていた。 
『今、電車に乗った』 『今、空港に着いた』 『これから飛行機に乗る』などなど…
お陰でひろちゃんが最寄の駅に到着する頃、私は駅まで迎えに行くことが出来た。

なんだかとっても嬉しかった。 顔を見てほっとした。
家にスーツケースを置いた後、修理に出していた車を取りに行った。
その後、近所のファミレスに行って夕飯を食べながらお土産話を聞いた。
家の周りの風景が変わっていってしまったことや、家の中のこと、家族のことなど
いろんな話をしてくれた。 

家に帰って、洗濯ものを出してもらって、スーツケースの中に入っていたものを全部出した。
お土産に長浜ラーメンを買って来てくれた。 去年、生まれて初めて長浜ラーメンを食べて以来
私のお気に入りなのだ。 嬉しかった。

お義母さんがスーツケースの目立たない場所に、分厚い封筒を入れてくれたようだった。
向こうでひろちゃんは遠慮したらしく、一度は返したのだがお義母さんがそっと忍ばせてくれたのだ。
あとでお礼の電話をかけたら、お義父さんが『お祝いだから』と言って下さった。 

住所が判らなかった参列者の住所をひろちゃんに聞いて、全ての宛名書きを終えた。
明日ペーパーアイテムは投函する。 

とりあえず、大仕事を終えてほっとした。

Oct.13  (Sun)

PUPが朝10時ぴったりに迎えに来てくれた。 甚兵衛を連れてPUPの家に向かった。

お昼を食べて、午後にPUPのダーのスーツをオーダーしにPUPの会社へ行って来た。
その会場で、とても素敵なネクタイを見つけたのでひろちゃんに1本買った。

夕方、PUPと『千と千尋の神隠し』を見た。 
夜はみんなでお好み焼きパーティーをした。
食後、ちょっとまったりした後にみんなでカラオケをしに行って来た。
久しぶりのカラオケは楽しかったが、とっくに私の消灯時間は過ぎていたので半分寝ていたが…
気がつけば5時間もカラオケを楽しんでいた。

Oct.12  (Sat)

なんとなく目が覚めて、まず洗濯をした。 布団も干した。
マットレスや、便座カバーなども洗えるものはどんどん洗ったら、ベランダがいっぱいになってしまった。
掃除もした。 かなりの大掃除だ。  それから、買い物やクリーニングを取りに行ったりした。

午後は、電話に明け暮れていた。 ひろちゃんに電話をしたり、グアムにも電話をかけたりした。
ホテルのレストランの予約だ。 人気のレストランや、営業時間、料金なども聞いた。
1日中PCは立ち上げっぱなしで、電話とインターネットとFAXを駆使して忙しかった。

ひろちゃんも忙しそうだった。家族に海外旅行保険の説明や、スーツケースのことやいろんなことを説明しているようだ。
ガイドブックを買って、こんなことやあんなこともできるなどと説明もしていたようだ。

とりあえず、レストランの予約は出来た。 食事がつかないので、自分たちでやらなくてはならないし
現地でどうしようか?と考えるよりは、とりあえず席を確保しておいたほうが、現地で予定を変更するにしても
楽だと思ったからだ。 お天気の様子も気になるし。
まぁ、現地では3日目以降は自由行動になると思う。 っていうか、自由行動でやってもらわないと
こっちが疲れるっていうのもある。 なんとかなるだろう…

夜は、ペーパーアイテムの宛名書きとドラジェのラッピングに取り掛かった。
1人はちょっと心細かった。 気が紛れる方がいいと思ってトトロを見た。

Oct.11  (Fri)

朝起きて、支度をしてひろちゃんと一緒に家を出た。 浜松町で降りてお昼御飯を食べた。
モノレールの改札口でひろちゃんを見送った後、私は有楽町へ。

エピサロンへ行って、まずは契約。 その後に脱毛をしてもらった。
思ったよりは痛くなかった。 終わってから買い物に行った。
ひろちゃんの洋服を買って、夕方家に帰った。

ひろちゃんが苦手な為普段食べないキムチや生牡蠣を食べた。

彼は無事自宅に到着した様子だった。

Oct.10  (Thu)

朝、出勤前に郵便局に行って来た。 海外旅行保険のパンフを家族に郵送する為だ。

そして、今日はドレスが届く予定。 夜にでも試着して、ひろちゃんに見せたい。
彼はまだ生でドレスを見ていないからだ。 一体どういう反応を示すか楽しみだ。

明日はひろちゃんは、1人で里帰りだ。 久しぶりに1人での里帰り。 とても楽しみにしているようだ。
今夜は荷造りをしなくては…  私はお留守番だ。 もちろん寂しい。
でも、明日は浜松町まで一緒に行くつもりだ。

Oct.9  (Wed)

今日は仲良しのQOOちゃんのお誕生日なのだー
おめでと!( ^-^)∠※.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`★

そして、マタカの結婚式〜〜〜〜〜〜〜〜
おめでと!( ^-^)∠※.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`★

Oct.8  (Tue)

今日はマタカがハワイに行く日。 明日は彼女の挙式だ。
お昼に電話で話をした。 スカルプチュアをしてもらってきたとのこと。 
甘皮などの手入れを含めて16,000円だったと教えてくれた。  安いかも…

私がプレゼントしたリングピローは手荷物で持って行くよって言ってくれた。
とっても嬉しい。 本当は、彼女の挙式に出席したかった。 
せめて気持ちだけでも連れて行って欲しくてリングピローをプレゼントしたのだ。 
気に入ってくれた様子で、明日の彼女の挙式には祭壇の上にリングピローが置かれることだろう。
グアム政府観光局から申し込み用紙が届いた。 早速記入してFAXにて送り返した。 当たったらいいなぁ〜と思う。

Oct.7  (Mon)

ダイビング旅行災害補償制度事務局へ早速電話してみた。
調べてもらったら、引き落としの取引口座が既に解約している銀行のままだった…

今日にでも振込みをしに行かねば。 早く気が付いてよかったぁ〜
今年の分の保険料は今日振り込みに行って、来年の継続がスムーズに行くように
口座の変更手続きの為の必要書類を貰う為にはがきを出すことに。

電話で応対してくれた担当の方がとっても親切で、的確な指示をしてくれたおかげで
電話での話もスムーズだった。 助かったぁ〜〜〜〜〜〜〜〜
これで、今月中にカードが届けば安心♪ 

Oct.6  (Sun)

午前中にアルバムが届いた。 先月21日に銀座のプランタンで購入したWeddingの刺繍の入ったアルバムや
帰国後のパーティーで配るゲストカードが届いたのだ。

その後、ワタベからも宅配便が届いた。 旅費や挙式の料金の請求書や海外旅行保険のパンフなどが入っていた。

今日は、ひろちゃんも仕事がお休みだったので買い物に連れて行ってもらった。
今夜は鍋〜♪ 

夜、大変なことに気がついた。 ダイビングの保険の継続が完了していないのだ||||( ̄▽ ̄;-)||||
このままでは、グアムの旅行が心配だ。 明日早速電話して継続手続きをしなくては…

Oct.5 (Sat)

グアム政府観光局へ電話をしてみた。 まだ募集人数に達していないとのこと。早速資料請求をした。 

ひろちゃんは臨時出勤で不在。 その間に、なかなか整理できていなかったアルバムや写真を片付け
フラッシュプラズマ脱毛の契約をするための予約を入れたりと忙しかった。

掃除・洗濯・布団も干したし、結構忙しい1日だった。

ワタベにも電話をした。 挙式後のパーティーの人数が確定したので報告をした。
念のために、ケーキの種類を選べるかどうかを聞いてみたら、ホテル側にお任せとのことでこちらで
指定するのは無理だった。 ちょっと残念…

Oct.3 (Thu)

今月は、健康管理強化月間・‥…━━━☆ というわけで、バドミントンもお休みです。

アザが出来やすい体質なので、転んだり、強く打ったりするときっとアザが出来ちゃうと思うんだよね。
床の拭き掃除をしていてもアザが出来てしまう私。 困ったものだ。

Oct.2 (Wed)

一生懸命やっていても、判ってもらえないことほど残念なことはない。

特に仕事の場合、周りに居るのは仕事仲間なわけで、気心知れた家族や友達とは訳が違う。
仕事は出来て当たり前の環境の中で、努力しても認められないことほど悲しいことはない。

報告・連絡・相談は3大原則だが、それを上の人は自分の都合のいいようにしか解釈しない。
報告したらしたで『いちいち言わなくていい』といい、自分が判断していい範囲内で勝手に進めると
『報告してくれないと困る』という。 一体何様のつもりだ?!と言いたくなる。
やってられるかっとも言いたくなる。 さじを投げたくなるのはこちらも同じこと。

だから私は相談するのをためらってしまう。 もちろん自己判断で済ませて取り返しのつかないことになっては
責任を取れる立場ではないのでタイミングを見計らって相談するのだが、いつも相談する時は嫌な気持ちになる。
大体予想通りの返答が返って来るからだ。 

こちらが忙しいときには、大抵周りも忙しい。 そういう緊迫した中だからこそトラブルも起きるし
より一層確認することが増えてくるというものだ。 なのに、まるで『お前とは比べ物にならないほどこっちは忙しい』
というオーラを出しまくって、近くに寄る事も出来ない。 

こういうとき、日本ではまだまだ上に逆らえない体制があるため状況改善には繋がっていない。
悪循環を繰り返して、いつまでたっても相手のご機嫌を伺う毎日が続く。
仕事は我慢出来る。 それで御飯を食べ、生活を成り立たせているのだから仕事に不満はない。
が、周りの人間関係にはうんざりしてくる。  
それでもまだ『もっと状況の悪い部署』も実在するわけで、やはり我慢の延長なのだ。 

人生我慢の連続である。 条件は皆同じだが、反論する者もそうそう出てこない。
出る杭は打たれ、つまはじきにされるのがオチだ。 どっちの人生が得か判らない。

指示に従うのはごもっともだが、仕事が進まないのでは意味がない。
その場その場の状況に応じて臨機応変に対処していかなければならない私の仕事。
しっかりとした決まりもなく、結果は毎度違うのだ。 
その中で状況判断をしていくのだから、固定観念に縛られては務まらない。

前向きに考えるとしたら、そんな環境の中で、私は今日も我慢を学び、
耐えていって成長させてもらっている…ことだけだ。

Oct.1 (Tue)

今月ものんびり過ごしたい気持ちとは反比例しているようで、週末の予定はそこそこ入っている。
ひろちゃんの里帰りや、ドレス・小物・アルバムも随時届く予定、ヘアメイクリハーサルなんかもあったりする。

挙式まであと少し。 頑張るぞー

September Diary LINK HOME