■ 2005 SEPTEMBER ■

珊吾 お☆さまに
友達と会う約束

黄金崎へダイビング
四季の湯温泉へ

Sep. 28 (Wed)

体調不良で朝起き上がることができませんでした。レディースデーなので仕方がない・・・
おなかも痛いし、気分は最悪・・・ 早く治るといいんだけどな。

日曜日にはダイビングに行かれるかもしれないので体調を整えておきたいので体を休めることに
専念したいと思います。 

Sep. 27 (Tue)

昨日、友達からせっかく『来月お食事にでもどうですか?』とお誘いを頂いたのですが
11月に延期させてもらいました。 ※延長しすぎ?

丁度午後にmrcが顔を見せに来てくれたので、3人でのお食事会は11月にして欲しいということを
伝えてお茶を飲みながらお土産話を聞かせて貰うことに。 

ピサの斜塔では、どんどん階段をあがっていくと体が右に傾いたような錯覚になり
さらに進むと前のめり、そして左に・・・というように、まさに斜塔であることを体感することができたという
大変興味深い話を聞かせてもらったり、どこにでもいるようで浮浪者がお金かお水をねだってきたり
いろいろと大変なこともあったようですが、病気や怪我もなく無事にヨーロッパ旅行を楽しんで
来たみたいでした。

Sep. 26 (Mon)

天気が悪くてくらーい3連休もあっという間に終わってしまい、今日は午後からいい天気。
日差しがまぶしいくらいです。 溜まってしまった洗濯物を一気に洗って干して気分もリフレッシュです。

ケニア滞在中、大変世話になったMonchackファミリーがもうすぐ一時帰国します。
ケニアと日本とのメール交換もしばしお休み。 無事帰国して元気な声を早く聞きたいものです。
帰国準備が着々と進んでいるようで、『日本に帰ったら美味しいものをいっぱい食べたい♪』と
申しておりました。 そうだよね。 日本はいま秋。 美味しいものはたくさんあるし、陽気もいいし
帰国するには丁度いい季節です。 1ヶ月の滞在中、思う存分に楽しんでいってもらいたいものです。
なんせ1年ぶりの帰国だもんね。 

帰りたい場所や帰る場所がある人が羨ましいなと思います。 前にも書いたけど。
実家とか故郷がある人がいいなぁって。 
私の実家・・・もうそこには家族は住んでいません。
私の故郷・・・そこへ行ってももう知っている人は居ないでしょう。
だからいいなぁって思うのです。 実家や故郷がある人が。 羨んでも仕方がないんだけど
ないからこそある人が羨ましく思う。 ないものねだりするのが人間ですからね。
私がこう思うことも、ある意味人間的な感情のひとつだと言えるでしょう、おそらく。

最近、地方の言葉が流行しているようで、多少イントネーションが違ったり、使い方が正確ではない
部分もあるようですが、各自が日本のすばらしい言葉の文化に興味を持って、調べたり、お年寄りから
話を聞いたり、実際に使ってみようとする試みがあって、私はいいことだと思います。

自分の故郷をより深く知るいい機会になるし、なにも勉強は数学や英語だけじゃないし。

でも、私と主人は意見が違うみたい。 それはやっぱり私には地元意識が薄いからなんでしょうね。
故郷のある主人にとっては『やたらと面白おかしく方言を乱用するなんて。』って感じなのかな。
東京にだって江戸言葉だけじゃなくて、もっと東京の奥のほうには方言っぽいものが残っているみたい。
父から聞いたのは硬いをこわいって言ったり、(例えば『この煮物はこわいなー』とか)
友達がよく使っていたのは『なんて言ったの?』を『あんだんべ?』って。 ※使い方間違ってるかも?!

Sep. 24 (Sat)

パソコンのメンテナンスでほぼ1日潰してしまって、他には特になにもなかったのだけど
肌寒い日だったので湯豆腐にすることに。 豆腐好きの主人は大喜び♪ よかった・よかった。

Sep. 23 (Fri)

せっかくの3連休も台風接近で天気が悪い。
ダイビングショップに問い合わせをしてもらったところ、やっぱりどこのダイビングポイントもクローズされている
ようなので、この連休中のダイビングは諦めなくてはならなくなった。

そこで、急遽温泉に入りに出かけることにした。
ここ数年お気に入りの四季の湯温泉。 午後4時からは1500円になる。(1日入場は1980円)
それを狙って、まずは埼玉県の東松山にある仙元山見晴らしの丘公園というところへ
行ってみることに。
初めて行ったところなんだけど、本当に見晴らしが良くて、園内もとてもきれいな公園だった。
見晴らしのいい場所を見つけてレジャーシートを敷いてしばしお昼寝タイム。
ここにはローラー滑り台があって、大人も子供も楽しめるようになっている。
入園料も駐車場も無料なので気軽に遊びに行かれるのでまた機会があったら行ってみようと思う。

夕方になってから公園から車で約20分ほどのところにある四季の湯へ。
ここは私の中では、大人がくつろげる温泉って感じだったのに、年々いいイメージが崩れつつある・・・
家族連れが増えたのだけど、アクアゾーンでは子供が大はしゃぎ。 
それはとても子供らしい行動ではあるのだけど、温泉プールじゃないからやっぱりゆっくり浸かりたい。
水しぶきをバシャバシャさせるわ、高い岩からダイブするわ、大声をあげて走り回るわ・・・
周りの子連れではない客の目線もかなり冷ややか。 私も静かにのんびり温泉を楽しみたいからこそ
よそより若干料金が高いのを承知でここに来たのに、運が悪かったというか・・・。
驚いたのは、アクアゾーンにはちょっとした飲み物やカキ氷を出してくれるお店があるのだけど、そこで
注文したカキ氷を食べた後の容器やカキ氷や飲み物を提供されるときにお盆にのせてくれるのだけど
そのお盆が子供の水遊びのおもちゃになっていても親が注意しないこと。

私も飲み物を注文していたのでお盆にカップがのせられたものを近くに置いてたのだけど
『そのお盆貸して』って言ってきた子供がいたのです。 もちろん断ったけど・・・。
親ものんびりしたいのはわかるけど、場所をわきまえて欲しいものだ。
子供達を思いっきり遊ばせられる温泉施設に行くか、子供には公共の場での振舞い方を教えるか。
だってみんなお金払って来ているんだもん。 それぞれ気持ちよく過ごしたいものです。

さすがに我慢も限界。 近くで波を立てていた子供に『ここはプールじゃないから、やめようね。』と
注意するとその子は素直に理解してくれたようだ。 

もちろん今後ここを利用することはよほどの理由がない限り私の中ではあり得ない。
別の場所探すつもりです。

Sep. 22 (Thu)

夜、シオリンママがシオリンをつれて久しぶりに遊びに来てくれた。
毎日大変そうでちょっと疲れ顔。 大丈夫かなぁ。 肌も荒れてたし、顔色もあまりよくないし。
ちょっと痩せたようにも見えた。なんだか気力だけで持ちこたえているような様子で心配だ。

Sep. 20 (Tue)

友達と会ってきました。 雨が降ってきてしまったので映画を見ることに。
『チャーリーとチョコレート工場』を見てきました。 平日だというのに、映画館は結構な混雑振り。
上映が始まってからの入場だったので、壁際の席を案内されましたが、場所がよかったのか
それほど悪い席ではなかったのでよかった。

ときどき笑いあり、少しだけ胸がジーンとするシーンもあったりしてなかなか面白かった。

それより面白かったのは、私の隣に5歳くらいの男の子がいたのだけど、私のほうにお尻を向けて一発。
臭くはなかったけど、『僕、やっちゃったね・・・』って感じ(笑) 子供は面白いです。
かなり天然ですからね。

Sep. 18 (Sun)

西伊豆の黄金崎に行って来ました。 朝4時半起き、6時に出発して到着したのが10時。
途中高速道路のPAでの出来事。 トイレに入って出ようとしたとき2人組の中年男性が堂々と
入ってきました。 そして男の子用のトイレで用を足し始めました。
周りの女性もみんなびっくり目が点です。
あまりにも普通に入ってきたので気がついていない様子だったので声をかけました。
『ここは女性用トイレですよ』って言葉にはっとした男性は急いでチャックをしめながら出て行きました。
こっち向いてチャック閉めるなー って感じで近くに居た若い女性と思わず2人でクスクス・・・(笑)
そのことを旦那と旦那の友達に話ししたら、旦那は冷ややかな反応。 (※つまんなーい)
友達のほうは女性用の公衆トイレに男の子用のトイレが設置されているところもあるということを
知らなかったようで驚いていました。私はそっちのほうが驚いた。 
そう言えば女友達が居るような気配ないしな・・・ ←ってそれは余計なお世話なんですがっ

4時間かかって現場に到着。道のりは遠かったけど、ロケーションもよくて一目で
気に入ってしまいました。 トイレも更衣室も近くでエントリー&エグジットも2箇所あり、コンクリートが
敷いてあったので使いやすかったです。 波も穏やか、天気もばっちり。絶好のダイビング日和。

1本目潜ったら透明度が悪くておよそ5m。 ちょっとガイドと離れてしまうと見失ってしまいそうでした。
毎度のこと私はガイドのすぐ近くをキープ ここは大物はいないようで、小さな魚を主に見ました。
カンパチの群れに遭遇したときは『おいしそう~♪』みたいな。
ミノカサゴが居て旦那も友達も食い入るように見て写真を撮っていた直後です。
2人とはぐれてしまいました。 しばらく待っていても来る気配なし。 非常用のベルを携帯していたので
鳴らしたけど、意外とどちらの方角から音が鳴っているのかわからないんですよねー。
どこからともなくホーンの音が聞こえて旦那かな?と思ったけどこちらからもどうすることもできず
ガイドと私は岸へ戻ることにしました。 
海からあがって見渡してもダイバーってみんな黒いからわからないー
髪の毛はもちろん、ウェットスーツも黒だし、BCも黒~ 真っ黒~ みんな鯨?カラス?トド~~~

近くに居た別のグループのガイドらしき人が遠くを指差して『あれ、俺らのグループの人じゃないよね?』
と聞こえたので目視してみると確かに離れたところに1人ぽつんと漂う黒い人影。
私が旦那の名前を叫んでみるとこちらを向いて手を振ってくれました。 その腕は青。
間違いなく旦那のウェットスーツ!!! よかったぁぁぁー で、友達は?????

みんなが無事上がってきてから事情を聞いたらやっぱりミノカサゴの直後に見失ったらしい。
2本目はちゃんとみんな一緒に行動できました☆

Sep. 13 (Tue)

HPの更新が遅くてホントごめんなさいー
というのも、みなさんご存知の通りパソコンはとても熱を持つので近くにいると暑いのよ。
エアコン使ってまで更新するほどのこともないと昼間の暑い時間帯は極力避けるようにしています。

昨日に引き続き今日もぐったりです・・・

Sep. 12 (Mon)

雲ひとつない快晴になりました。 洗濯物もよく乾きそうです。

夜、主人と散歩に行って来ました。 今日はいつもと違うコースへ。
結婚前、私が住んでいたマンション近くまで歩きました。 ※徒歩で15分くらいのところなので
その近くを歩いていたら、今まで知らなかった道沿いに小さな公園があったので寄ってみました。
懐かしい遊具があったのでちょっと遊んでみることに。
主人はうんていにチャレンジ。 『握力も落ちてるだろうし、子供の頃と体重が違うからねー』なんて
言っていたのに、男の意地かしら? 見事軽々クリア!! たいしたものです。
その後は逆上がりにもチャレンジ。 一発クリアでこれまたお見事! さすが運動神経は昔から
いいほうだったそうなのでなかなかやるなと見ていました。

一応こう見えても学生時代体育の評価は5段階中いつも5だった私。
今ではすっかり体力も落ちて、運動神経がいいとは決して言えませんが鉄棒くらいならできるだろうと
思って私もやってみたのですが、お尻が重くなったのでしょう・・・ できませんでした。
逆上がりくらいできなくてどうするの!と2度くらいチャレンジしましたがダメ。 がっかりでした・・・

子供が出来たら、逆上がりはパパに教わるよう言うつもりです。

Sep. 11 (Sun)

選挙に行って来ました。 今回の選挙は本当に盛り上がっていました。
郵政民営化を大々的に打ち出してきた自民党と、それに反発する党との熾烈な戦い。

郵政民営化だけでなく、他にも年金問題や少子化対策、景気回復、憲法9条のことなど
今の日本が抱える問題はたくさんあります。
党に投票するのも大事だとは思いますが、私は政策に対して投票できるようになったらいいなと
思っています。 各党も大事なことは政策に出してきているけど、ここは賛成できるけど、
これはちょっと・・・というようなことってありませんか? 

だんだん日本の政治も国民にわかりやすくなってきているのかなと思いますが、それでもまだ
判りにくいなっていうことがたくさんあります。 判りにくいから投票率が低い。 
どこへ入れていいかわからない。 そういった人がたくさんいると思います。

投票所へ行ったとき、投票を終えて帰ろうとしたときです。
出口にはスロープが設置されていました。 そこを通ろうとしていたお年よりが居てご家族が支えて
居たのですが、そのお年よりが『グラグラ揺れて怖いわ』と足がすくんでいる様子でした。
支えていたご家族もかなりの高齢。 思わず手を貸さずには居られず、お役に立ったかどうかは
わかりませんが手を貸しました。 私がそこで思ったこと。

こんな不安定なスロープいらない! もっと安定していて、緩やかなスロープにしなくちゃって。
折りたたみ式の簡易的なスロープで、立てかけているだけのものでした。
よほどのことがない限り外れることはないとは思いますが、ぐらついているスロープなんて
高齢者でなくても渡りたくないものです。 そして選挙管理委員の人もただ見ているだけ・・・
指をくわえて見ているくらいなら、手を貸してくれたらいいのにと思いました。
30代・40代の男性でしたよ。 私なんかより、ずっと力もあって2人も居たんだからさっと動いて
手を貸すとか、おぶってあげたらいいのに。 階段の上から眺めているだけ。
もうちょっと考えて欲しいなと思いました。 

Sep. 10 (Sat)

お墓参りに行って来ました。 お盆やお彼岸には大変混雑するので、だいたいいつもこんな時期
はずれのときに行くことが多いです。

お墓は他の誰かも手入れをしてくれているようで、比較的キレイになっていました。
お花とお線香をあげて、家族全員が健康であることを感謝してきました。

そして通り道なのでいつも父の実家に寄ります。 祖父母は他界しましたが、伯父がいるので
いつも突然の訪問になってしまいますが、商売をしているので大抵誰かが居ます。
今回は、数年ぶりに従姉妹やはとこに会うことが出来ました。
従姉妹に会ったとき嬉しくて思わず握手。 従姉妹もまた数年ぶりに私に会えた事を心から喜んで
くれました。  従姉妹には初めて主人を紹介することができました。
久しぶりの再会に話が弾み、店番は伯父にまかせっきりになってしまいましたが、本当に楽しい
いい時間を過ごすことが出来ました。

その後、私が17年前に住んでいた家の近くを散歩してきました。 私が小学校入学から8年ほど
住んでいた思い出の家です。 その家は今も残っていて、会計事務所から蕎麦屋、少林寺拳法?
の道場へといろいろ商売をしている風ですが、まったくの他人なのでどうなっていることやら。

懐かしい遊び場だった裏の梅林は縮小され、ドラッグストアが建って風景も少し変わってしまって
いますが、面影が残るその街並みを散歩し、母校周辺も一周してきました。
そして小腹がすいたねということになって思い出のラーメン屋さんへ。
そこはときどき親子で食べに行っていた近所のラーメン屋さんで、私の同級生の自宅でもありました。
おばさんは私とすぐにわからなかったようですが、旧姓を名乗るとぱっと昔の思い出が蘇ったようで
私たち親子の指定席まで覚えていてくれました。 ラーメンは味が変わっておらず、懐かしくて
本当に美味しかった!

Sep. 9 (Fri) 世界柔道 男子90キロ級 泉 浩選手 金メダル

世界柔道盛り上がっていますね。 昨日に引き続き今日も見ています。
TVを見ながら思わず力がこもってしまったり、小さくガッツポーズしたり、見ているだけでも体力消耗。

昨日の鈴木選手の勝利したときの涙も感動的でしたが、泉選手のガッツポーズもよかったですね。
アテネのとき、悔しい思いをしたので本当によかったなぁって思います。


Sep. 8 (Thu) 世界柔道 男子100キロ級 鈴木桂治選手 金メダル

朝から気持ちよく晴れましたね。 気温もぐんぐん上がって、まさに台風一過。
敷きパットやシーツ、その他洗濯物が一気に片付き気持ちよく乾きました。 

アフリカ旅行記の一部、乗馬の様子を更新したところ予想以上に好評で嬉しかったです。
もっと馬の写真を撮影しておけばよかったなぁなんて。 
写真の枚数が多くてページを作るのが予想以上に大変です。 選別が一番大変です。
おかげで更新するのがかなり遅くなってしまっていますが、それでも毎回新しく更新したページを
見てくださったゲストさんが細かいところまで実によく見てくださっていて、コメントを残してくださると
本当に励みになります。

最近のお楽しみは主人との夜のお散歩です。散歩コースは主に住宅街。 歩いていける距離に
景色のいい場所はないのが残念ですがそれでも1日あった出来事を報告しながら歩く散歩を楽しみ
にしています。こんな住宅密集地でも実に様々な発見があるもので、予想以上に小さな公園が
たくさんあることや緑地地区や畑が残っていたりします。
昔からこの辺りに住んでいる人の話を聞くと、ほんの数十年前まではなにもない地区だったそうです。
地盤が堅いために水道整備が進まず、開発が遅れたのだそうです。
大手企業の工場が建てられた当時は周りには畑しかなくて、遠くにある駅の明かりだけが見えたそう。
今はその面影も薄れてしまい、隙間なく住宅が建てられ人口も増えました。
この辺りで一戸建てを立てようと思ったら4000万・5000万かかってしまうほどです。

数年前に圏央道(首都圏中央連絡自動車道)のICが建設され、私が住んでいる街の地下を
高速道路が通っています。

そんな私が住む街を散歩すること1時間。 とてもいい運動と気分転換になっています。

Sep. 7 (Wed) 台風14号

今日も関東は台風14号の影響で強い雨風が吹き荒れている。それも断続的にではなく
降ったり止んだりを繰り返しているので、外へ出るのは極力控えたほうがいい感じ。

主人が都内へ1日出張のため、早起きをして駅まで車で送っていった。
そのときは小降りだった雨も送り届けて駐車場に戻った途端大嵐。 しばらく車内で待機する羽目に。

そんな中、お昼前に雨風が止んだタイミングを見計らってコンビニへ向かう途中、
今日も?道を尋ねられた。 尋ねて来た人は女性で警察署へ行きたいらしい。
駅から来た様子だったがまったくの逆方向。 気の毒だ。 なぜ今日、しかも警察署?!

不思議なことに私はよく道を聞かれる。 地元ならまだ答えられるのだけど、地元ではない場所でも
聞かれることが多い。 どうしてだろう? ただ単に話しかけやすい顔つきなんだろうけど・・・

昨日は1日PCに向かってHPつくり。 アフリカ旅行記の完成は遠い。
あまり根つめて作業をしていると目も疲れるし、肩もこってくるので
ほどほどにしようとは思うのだけど、楽しみに待っていてくれる人がいると
思うとどうしても夢中になってしまう。

そうそう、珊吾のお悔やみ本当にたくさんありがとうございました。
あまりにも突然で、しかもお通夜せず埋葬したので実感が沸かず
呆然としていましたが、心からのお悔やみにとても励まされました。
たかがハムスター、されどハムスター。 短い一生ではありましたが
それでもかけがえのない存在であったことは間違いありません。

今まで飼った中で一番の問題児ではあったのですが、それゆえに
印象に残る子でした。 ちっとも飼い主を覚えず、何度指を噛まれた
ことか・・・それでも餌の時間は判っている様で、ゲージの蓋をあけると
自ら餌箱に入って待機するような子でした。 あまり好き嫌いがなく、なんでも食べてくれましたし
暑いとゲージの網と回し車の隙間に入り、平たくなった状態で固まっているようなちょっと変わった子
でもありました。 でも、トイレは今までのハムスターの中で一番上手だったと思います。

死に目にあえなかったこと、お通夜をしてあげられなかったことが悔やまれます。

Sep. 6 (Tue) 台風14号

午前中は雨もさほど強くなく、穏やかな様子。でも西日本では被害が拡大している。
カトリーナと同様もしくはそれ以上といわれている今回の台風。
今年は天災が多くて、被害者がどんどん増えています。 私が日本を不在にしている間も
有感地震が5回程度あったとのことで、なんと書き記したらいいのかわからないほどです。

みなさんもどうか備えはしてくださいね。 

Sep. 5 (Mon)

ちょっと気が向いたので部屋の掃除です。
いらない物、古くなってしまったものを少しは処分しなくちゃと思って少しずつ片づけをしました。
ボロくなってきたフェイスタオルがあって、ミシンがあったら雑巾に作り変えるんだけど、生憎持ってないので
捨ててしまおうかと悩んでいるところ。

手縫いだと大変なので断念しちゃいそうだなー


ジラフセンターへ行ったときのページを更新しました。
行ったのは8月11日。Monchackとひまりん、PUPの4人で出かけました。
MonchackのHPでもそのときのことが紹介されています。

ご覧になりたい方はこちら


前々からジラフセンターのことは彼女のサイトでも紹介されていたので
興味があって、『こんな感じなのね。』とは思っていたのだけど実際に
キリンの近くに行ってもうびっくり! 大きいことは判っていたけど、想像以上に顔が大きい。
しかもかわいい~♪ で、PUPと私は大はしゃぎ。 何度となく来ているMonchackも楽しんでいました。
彼女の話だと『何回来ても面白いよー』とのこと。 納得です。

キリンの舌は変な色をしています。 灰色で、ながーい。 そして唾液がネバネバしててすごい!
オクラとモロヘイヤと納豆ととろろ芋がミックスしたくらい? ←逆に判りにくい・・・
ドックフードのような餌はスタッフがどんどん手渡ししてくれます。 まるでわんこ蕎麦。
なので、ガンガン餌付けができちゃう。 あんなに小さい餌なのに、キリンは器用にあっちの手から
こっちの手からもという具合にどんどん餌を食べてくれます。 餌付けするときは鼻息がすごくて
生暖かい風がぶわっっと吹いてきます。 リアルです。 それくらい近くて大興奮しないわけがない。

でも、かわいい目をしているし飼いならされているのでとってもフレンドリー。
ちっとも怖くありません。 なんなら首にしがみついて背中に飛び乗ってしまいたくなるくらい♪
周りに小さい子供がいたのにお構いなしで大人も夢中になれる場所です。 楽しかった~

Sep. 4 (Sun)

珊吾がお☆さまになりました。 1年3ヶ月ほどと短い一生でした。

台風14号が近づいているということもあって、お通夜しないでお墓をつくって埋葬しました。
甚兵衛や沙依の近くにしました。

Sep. 1 (Thu)

ダフネ・シェルドリック動物孤児院へ行ったときのページを
更新しました。 象は私の好きな動物のひとつです。
大きな体に大きな耳。 長い鼻。体の割りに小さな目。
ゆっくり歩くその姿や家族の絆が強いその習性も引き付ける魅力が
あります。 アフリカ象は比較的気性が荒いとされていますが
遠くから見ている分にはそんな雰囲気すら感じることはありません。


ここへ連れて行ってもらったとき、ここで見学できるのは1時間と大変短いのですがずっと見ていても
飽きませんでした。 ここで見ることの出来る象は子供ばかり。 しぐさもかわいいし、まだあどけなさが
残っているので日本の動物園ではほとんど見ることが出来ないような小象の愛らしい動作を見ることが
できます。 レンジャーに甘えている姿や仲間の象たちと泥遊びを楽しむ姿、タイヤやボールで遊ぶ姿も
至近距離で見ることが出来ます。

そして私がもっとも嬉しかったのは、象に触れることが出来ること。 プーケットに行ったときも象好きな
私のために今の主人が2度もエレファントトレッキングに連れて行ってくれて触りまくりましたが
何度触れても不思議な感触。 シワシワで硬くてちょっと毛が生えてて。

穏やかな顔つきを見ていると本当に癒されます。
Kiaora' Diary
足跡を残してみませんか?
掲示板
Diary Index
年度別日記INDEX
当サイトは
文字サイズ「小」
で最適表示される
よう作成しています。


Allen Rd.トップページへ