■ 2005 OCTOBER ■

海洋公園でダイビング (10/1)
ダイビング&温泉 (10/8・9)
野沢温泉

美容院へ
友達の挙式に出席
ワーホリ仲間と集合

Oct. 31 (Mon)

少し前から気になっていた人、それは【森山 開次さん】。
NHKの教育テレビの「からだであそぼ」という番組内で見かけたのですが、動きがとってもキレイ!
バレエのことはほとんど判らないので、よくご存知の方からしてみたら当たり前なのかもしれませんが
独創的な動きと完璧なバランス感覚。見ていると引き込まれます。
独特なヘアスタイルや奇抜な衣装のせいかもしれませんが、本当にすばらしいんです。
今後の活躍にも期待したいなーって思う、Kiaoraイチオシのダンサーさんです。

Oct. 30 (Sun)

寒いです。 明日はもっと寒くなるとのこと。 嫌ですね~
空気も乾燥し始めているので加湿器を出してもらいました。 冬支度は万全です。

ここ数日主人の咳が気になっています。 それほど酷くないのですが、ちょっと咳き込むと苦しそう。
最近体調を崩したという話を周りでよく聞くので、会社でもらってきたのかもしれません。
主人が咳き込むとき、主人は口を手でふさがないで咳をするのが嫌です。
お願いだから私にうつさないで~ マメにうがいをしてちょうだい。

Oct. 29 (Sat)

奥多摩へドライブに連れて行ってもらいました。 紅葉はまだ始まったばかりといった感じです。
でも、さすがに青梅市内よりは気温も低め。 特に何もないのに、奥多摩っていつも混雑している
んですよね~ なんでだろう???

昨日★彡高3次男へ虐待弁当?キャラ弁★彡のことを日記に書いたらmiki②さんに
「Rico & Cocoもすごいですよーーー」って教えてもらいました。
早速拝見させてもらうとこちらもすごい! ユーモアたっぷりの愛情弁当の数々・・・みなさんすごいです。
早朝から食べてなくなってしまうにも関わらず実に細かい作業をこれでもか!というほど情熱が注がれた
力作なのです。 しかもアイディア満載。 とても良くできているのです。
びっくりしましたー。 絵心満載です。  私にはとてもムリです…_| ̄|○

Oct. 28 (Fri)

いまYahoo!のブログで話題になっているのが★彡高3次男へ虐待弁当?キャラ弁★彡。
管理人の霞んさんの力作がずらり! まさに息子さんへの愛情たっぷり弁当がたくさん。
しかもかなり手間暇が掛かっていてユーモアたっぷり。 すばらしいお母様だと感心しきりです。
丁度フジテレビの番組で紹介されていたので拝見したんですが、びっくりでした。
ご存じない方は一度ぜひご覧になってみてください。 

愛情表現っていろいろあると思うんですが、こんなお茶目なお母さんもいるんだなーって思いました。
まだ息子さんから「ありがとう」という言葉はないそうなんですが、お弁当を残して帰ったこともないそうで
18歳という年頃の男の子とお母さんの言葉のコミュニケーションを超えた親子の絆みたいなものすら
感じてしまいます。 いやーホントびっくり。

こりゃー息子さんが選んだお嫁さんが大変だわと余計な心配すらしてしまいます(笑)

昼間はポカポカ陽気だったので炬燵の布団を干してセッティングしました。
まだスイッチを入れるほど寒くはないので、布団だけ・・・それでも温かく感じます。
もう炬燵の季節なんですね。

もんちゃっくはもうナイロビに到着したかなーと思っていたら急遽旦那さんの仕事の都合でナイロビ戻り
が延びたようです。明日会えないかなって思いましたが、既に予定があるみたいでちょっと残念。

夜は久しぶりに主人と散歩に出かけてきました。1時間半くらい歩いたのでいい運動になりました。
並んで歩いて、いろんな話をして。 住宅街ではこの家のここがいいとか、ここが素敵などと
話したりして(笑) にしても、この辺りはホント家同士が密着していて窮屈そうに見えます。
かろうじて日当たりは確保されているんだと思いますが、すごいなーって。 その技術っていうんですか?

もう10月も終わりなんですね。 去年友達とTDLへ行ったっけ。
そのとき「ナイロビに一緒に行こうよ。」って話が出たのがきっかけで今年の夏の大旅行が実現
したんだっけなーと思うと1年って早いなって思いました。 去年のあのとき、ダメもとで主人に相談
して本当によかったって思います。 

Oct. 26 (Wed)

先日Monchackがケニア土産として持って来てくれたウガリを作ってランチとしました。
スクマウィキのケールじゃなくてキャベツ版も作りました。
初挑戦にしては上出来カナ?いつでもケニア人になれるぞ、やっほぅ♪ ←ムリ・ムリ
アグネスを思い出しました。 元気にしているかなー

レディーズデーのおかげで今朝も(?)起きれなかった私。
主人は私を起こさないようにそっと出勤してくれたようでした。 ごめんなさい。
自分で言うのもなんですが、朝起きれないことがたびたびあります。 ←しょっちゅうかも

体調管理も大事な仕事ってよく先輩には言われますが、自分の体調をコントロールできたら最初から
苦労なんてしないです。 
こんなこと言ったらお叱りを受けるかもしれませんが、1日家にて、ごく普通に家事をこなして過ごす
毎日。 結婚当初はそれでも仕事もしていたので眠くなるのが早かったけど、今は専業主婦なので
そんな程度じゃ早い時間から眠くなるわけもなく・・・ じゃぁ運動したら?と言われますが、例えば
ウォーキング。 最初は楽しくても、続けているうちになんでいつも同じところをグルグルとバカ犬みたいに
周らなくちゃいけないんだとアホらしく思えてきます。
しかもうちの近くの公園には鹿がいるんです。 その前を通るとき臭い・臭い。
ときどき「くぇぇぇっぇぇ」と鳴かれたりしたら、もうバカにされてるみたいで嫌になっちゃいます。
 
じゃぁテニスでもなんでもサークルに入るとかなんか工夫すればいいじゃんなんて意見もありました。
金が続かない。 ムリ・ムリ。 第一、道具揃えなきゃいけないもん。(そう、私は形から入る女です)

以前探したことがあったんです。見つけたのは市内のバドミントンのサークル。
そこは「お気軽にいらしてね♪」なんてもんじゃなくて、真剣に大会出場を目指すまじめな
サークルのようでした。
勤めていた会社の知り合いがバドミントンサークルに参加していて、毎週お誘いがありましたが
そこも手加減なしのところだったので1回行ってご馳走様って感じ。しかも週末にやるんです。
私はお気楽に適当に平日に運動したいだけだったのになぁ。

なので私にぴったりなのは、夜な夜な主人と行く散歩。 これが一番気が楽で丁度いいようです。
でも最近夜も寒いしなぁー 
そんなときはやっぱり鍼治療が手っ取り早くていいですね。 もういちころですから。
良く眠れます。 就寝時間を待たなくたって眠くなります。 ただし2000円ほど掛かりますが。

要はぐうたらじゃんって声も聞こえてきそうです。 はい。 私はぐうたらです。認めますよ。
でもみなさんもそうじゃありません? 家計を預かる妻が毎日のようになにかしらお稽古したり
友達と豪華なランチしたり、お出かけできるほど裕福ではないと思います。
そんな人がいたら間違いなくマダムです。 

さぁて、調子が悪いからといって寝て過ごすほど主婦はヒマじゃありません。
どうやって体力使って早く寝ようか考えたいと思います。 

Oct. 25 (Tue)

腰が痛むので主人がマッサージをしてくれていたときのこと。突然主人が「腰がかぶれてる!」と
デジカメで撮影して私に見せてくれました。 見てみると確かに広い範囲で赤いブツブツが・・・

「なんで? なにがあったの?」といつになく主人は血相を変えて心配していました。
私も「明日になっても痕が消えていなかったら皮膚科に行って来るよ~」って言った次の瞬間、
思い出しました。 ブツブツの原因。

それは日曜日のスパでのできごと。
お風呂の中の側面にあった排水溝に腰がすっぽり吸い込まれて身動きがとれなくなったんだ!!
そして私は思いっきり引っぺがして脱出したのでした。
どうりで規則正しくボツボツしていたわけです。 そう、それはただのアザでした。あーびっくりした。

主人は呆れてました。 「まさか自分の嫁がそんなところにハマっていたなんて思ってなかった。」って。
そして笑われてしまいました。 とほほ

Oct. 24 (Mon)

昨日の夕方、なんとなく頭が痛いと言い出し頭痛薬を飲んだ主人が案の定風邪の引き始めを感じた
ようで、今日はいつもより早く帰ってくることに。
体が温まるように・・・と主人の大好きなおでんを用意して、風邪薬を飲ませて、温かくして早めに寝て
もらうことに。

そしたら主人が一言、「俺、もうちょっと具合悪くてもいいな。 そしたらKiaoraが面倒みてくれるし。」
って。 私が日ごろまるでやさしくないと言いたいのでしょうか・・・それとも、妻の愛が足りないと感じている
のでしょうか。 そんなことはまったくないと自分では思っているんですが。

そんな私も風邪をうつされてはたまらないので、同じ風邪薬を飲んで自衛することにしました。
明日の朝も冷え込むそうなので、みなさんも体調を崩さないように気をつけてください。

Oct. 23 (Sun)

朝起きてご飯も食べず、2人で埼玉に住む友人の家に行って来ました。
ケニア旅行の滞在中大変世話になったMonchackファミリーも前日からPUPの家に来ていたので
久しぶりにみんなで集まりました。
1人どうしても仕事があるとかで私たちが到着する前に帰ってしまったようですが、みんなで
ゆうぱーくおごせに行って来ました。 ここならひまりんが多少走り回っても大丈夫かなと思って。
まぁそんなに奇声を発したり、暴れるような子ではないのですが、子供なら広いところがあったら
走り回りたくなるもの・・・。 
それにそこはアクアゾーンがあって、水着着用で家族がお風呂を楽しめるところもあるのでひまりんが
喜んでくれるかなって。

お風呂好きのひまりんは喜んでくれていたようです。 よかった・よかった。
知らないおばちゃんにも話しかけられて「かわいいわねぇ」って褒められていました。

そうそう、ひまりんはうちの主人とは初対面なのに人見知りすることなくすぐに慣れていました。
さすがひまりん。 抱っこしてもらって高い塀の向こう側を見せてもらったり、PUPの家の周りの散策に
ひろちゃんを従えて実に堂々としたものです。

みんなそれぞれお風呂を楽しんでくれたようで、お昼ごろから夕方までのんびりしてきました。

Monchackと次いつ会えるかな。 
遠いところ、重いウガリを持って来てくれてありがとうなのでした。
ひまりんはやっぱりわからないんだろうな。 また近いうちに会えると思っているのか、笑顔いっぱいで
私たちとバイバイをしていました。 私のこと忘れないでね、ひまりん。

Oct. 22 (Sat) YOSHINA結婚式

学生時代からの友人の結婚式に出席するために舞浜へ。
朝大急ぎで髪の毛のセットをしたのですが、生憎の天気で崩れかけていたので、ホテルの中にある
美容院に駆け込みで入ったところ、空いているのでやってくださるとのこと。
挙式まではあと40分。 3人がかりでホットカーラーを巻きはじめました。 やってもらう間にお会計も
済ませました。 美容師さんの1人が「アップのほうが早いんじゃ・・・」って言ってましたが、私はアップでは
なくておろした状態がよかったのでお断りしました。

たった15分でヘアスタイルの完成。 大丈夫かしら???足りないんじゃ・・・と思いましたが
時間が迫っていたので仕方がない。 ※案の定午後には崩れ始めていましたが・・・ まぁしょうがないね

卒業以来会う同級生も来ていて本当に楽しかった。 中には私の大嫌いだった人もいましたが(笑)
まぁ卒業して相当年数経っているしね。 大人にならなくちゃね。 

友達はすごくきれいでした。 もともと顔立ちがはっきりしている美形だけど、普段と違って見違えるよう
でした。 お色直しのドレスも似合っていたし、披露宴で出されたお食事も美味しかったです。
感動的なシーンもあったりして、同席した仲間5人全員が泣いたり、ウルウルしたなんてこともおそらく
初めてのこと。 誰かの結婚式で必ず?誰かだけが泣いてたりしてたけど、みんなが感激したほど
いい結婚式でした。

先刻行われた挙式の映像を披露宴で流すというなんともお金のかかった演出には出席者全員が
驚かされました。 新郎新婦の粋な計らいが随所に見られて、2人の人柄がとてもよく出ていて
よかったと思います。

Oct. 21 (Fri)

明日友達の結婚式の会場がいとこの家からのほうが近いので、いとこの家に泊まらせて
もらうことにしました。
久しぶりに降りた最寄り駅はあまり変わっていなくてちょっと懐かしい感じ。
私が学生の頃、いとこの家に居候していたのでそこの駅はよく利用していました。

いとこが駅まで迎えに来てくれて、久しぶりの再会でもあったので話が盛り上がりました。
従姉兄やその子供たちみんな揃って豪華なお寿司をご馳走に♪
どうやら海外旅行中の伯母の計らいのようでした。ホント、ご馳走様でした。

Oct. 20 (Thu)

朝一番で美容院に行って髪の毛をばっさり切ってきました。
同世代からの友達や義理のきょうだいの評判もなかなかよくてよかったですが、旦那には
「後ろだけ切り残してあるよ。」 ←こういうヘアスタイルなのです
「横の髪の毛、顔にかかって気にならない?」 ←そうリクエストしたので
といちゃもんをつけられ、すっかり不機嫌です。 主人に洋服のことやアクセサリーのこと、ましてや
ヘアスタイルの良し悪しを尋ねたって無駄なことはとっくにわかっているけど、せめて
いいんじゃない?とか雰囲気変わったねくらいのことを言ってくれてもいいのに、いつもつまんない
こというからそういうときは「しけしけ!」って言い返しています。 ※これ通じる友達は少ないかも・・・

こういうとき男性ってどんな気分なんだろう?って思います。
どうでもいいのかな? わからないから正直に言ってるだけ? 
女性としては、やっぱり褒めてもらいたいものです。 せめて「よかったね。」って言って欲しいんです。
多少なりとも感心を持って欲しいんです。 返答がないのは最低だけど、中途半端な返事は
結構腹が立ちます。 いつまでもバカ正直に適当なウンチクで褒められてるのかどうかわからない
ような返答して欲しくないわ~ 

女ですもの。 年相応におしゃれして、キレイでいたいんですよ。 判ってくださいな。
それに、亭主の稼いだ金でキレイにしたんだからさー 嫁は素直に喜んでるんだからさー
「似合ってるよ」って言えばそれで嫁は無邪気に喜んでそれで済むんですよぉ・・・ ←私だけ?


さて、母が昨日の夜、成田を発って今日はパースにいる私の友達と会う日です。
無事友達に連絡できたのだろうかなどと心配だったのですが、夕飯の支度はあるし、主人が帰って
くる時間帯や食事時に待ち合わせの時間と重なっていたのでなかなかフォローできず、ようやく
電話したら「さっきお母さんから連絡があったよ。」とのことでした。

何度も説明したのに・・・やっぱりなにかを勘違いしていたのかも・・・

その数十分後、また私から電話をかけました。 今度は友達と仕組んでのことです。
友達は英語で「英語で返事してくれ~」なんて言っていましたが、お母さんたちにはバレてないので
そのまま代わって貰いました。 
電話口に出た母は私だとわかって大喜び! 同行している伯母も電話で話ししました。
2人ともかなり興奮しているようでした。 よっぽど嬉しかったんだろうね。

Wandererと私のお母さんを驚かそう作戦は大成功でした。

母に預けたWandererあての手紙や手ぬぐいなども無事届いた様子でしたし、Wandererは
ワイルドフラワーの本を母たちにプレゼントしてくれたそうで、とてもよかったです。

友達の友情と好意には本当に感謝。

Oct. 19 (Wed)茨城で震度5弱

新宿で母と待ち合わせしてランチを食べたりウィンドショッピングを
楽しんできました。 母と東京で待ち合わせしてお出かけするのは
6月以来なので嬉しくてうきうきしてたのに、神田駅で人身事故が
発生してしまって、約束の時間に30分も遅れてしまいました。

私を待っている間、母は気に入ったブーツがあったようで早速
買っていましたー。 さすが我が母。 

ランチは母の好きな和食のランチ懐石セット。
海鮮散らし寿司や天ぷら、スモークサーモンのサラダに茶碗蒸しなどがついていて美味しかったです。

その後京王百貨店でウィンドショッピング。私は以前から探していた冠婚葬祭用の黒い靴を
バーゲンで見つけたのでゲット。 母はニットのストールを買っていました。
ストールって本当にいろんな種類があるんですね。 毛皮のもあれば、カシミヤやウールなどはもちろん
デザインもさすが京王!本当にたくさんあって目移りしてしまうほど。 その中でも丈が丁度よくて
ちょっとかわいらしいものを見つけて親子揃って「絶対コレ!」と意見が一致しました。
背が低くて小柄なので、似合うものを見つけるのが結構大変なんですよ・・・。

しかも母は「田舎じゃこんな素敵なの売ってないもん。」って。何を見てもすごくよく見えてしまうようで
今夜からオーストラリアに行くのにブーツもストールも買っちゃって大丈夫?
といいながら、私はランチもお茶もしっかりご馳走になりました☆
こういうとき娘に生まれてラッキーって思います。 弟じゃこんな風に母親と2人で買い物なんてあんまり
ないもんね。 その分、私がいないところで甘い親の汁を吸って頂戴な。

母には旅行先で使う変圧器やプラグ、カメラの三脚などを渡しました。
それから私はプチオーストラリア情報を集めて小さいノートにまとめたものをプレゼントしました。
母はそれらをとても喜んでくれました。 

留守番の父の様子を聞いたら、出かける前に父にはレトルト食品や卵、納豆、塩辛などを買って
おいたそうです。 たかが6日間。しかも土日はさんでるんだから問題ないじゃーん。
それくらい自分で買えばいいのに・・・って思うんだけど、いつも食べてるものがどこの商品なのか知らない
んでしょうね。 山男なんだから、男の山料理なんて得意なはずなのに。 すっかり母に甘えてるわ。

そして出かける間際に父は「なにかやっちゃいけないことってある?」と聞いたそうです。
やっちゃいけないことって・・・子供じゃあるまいし。 家の中での火遊びとか、慣れない天ぷら料理を
するとか??? もうそれを聞いて大爆笑。 母も苦笑いをしたそうです。 そりゃそうだ。
そして母は「鍵をかけるくせがついてないだろうから、やたら扉とか窓を開けないほうがいい」と言った
そうです。 

それを聞いたらうちの旦那はもっと優秀だわーって思いました。
私なんか1ヶ月不在だったのに、食料の買い置きなんてしなかったし、注意事項の伝達もなかったし
帰ってきたら部屋の掃除がしてあったし。 完璧だったもん♪

ちょっと心配だったので、実家に電話をかけてみました。
「寂しくなっちゃうねー」って言ったら父は「さ、寂しくないよ。」だって。 寂しいみたいです・・・大丈夫?

Oct. 18 (Tue) 古田プレイングマネージャー誕生

友達から電話がありました。 日記も更新されてない、レスもされてない、メールも来ない
まさか入院でもしているんじゃないかと友達にも知らず知らずのうちにかけてしまっていたようです。

ちゃんとHPをチェックして私の様子を伺ってくれてたんだと反省です。

明日から母が伯母と一緒にお出かけです。 旅先では私の友達が少し世話をしてくれることに
なっているので今回のお出かけは安心☆ 姉妹水入らず楽しい旅行にしてもらいたいものです。

Oct. 17 (Mon)

とあるSAで車中泊をして、今日は道の駅めぐりです。

ナビで検索しようと50音検索で探したらあるはずの道の駅が該当なしとのこと・・・
で、別の方法で検索したら出てきた。 これってナビの検索プログラムに落ち度があると思うわ。
まぁちょっとしたコツのようなものがあるのだろうけど、思ったように一発検索できないんじゃ
システムとしてはまだまだ・・・ あと5年位したらもっといいナビができるのかなぁ~

モーラ出来てない道も結構あるし、 ※山奥へ行くことが多いからそう感じるのかな?
バグ?と思われるような現象もあるし。 開発者にはもっと頑張ってもらいたいわ。

Oct. 16 (Sun)

今朝は6時に起きて、外湯めぐり~ 
温泉好きな主人は外湯めぐりルートを検討して次から次へと案内してくれるので結構忙しいっ
脱ぎ着しやすい服装を選んだつもりだけど~ ペース早いってーとはさすがに言えず・・・
でもすごく楽しかった。 朝市に行って温泉卵も食べました。
売っている温泉卵より美味しかったのが印象的で、その後、卵を購入自分で湯釜に入れて
お土産としましたー。 

2日で外湯を周って、完全制覇。 かなり満足です。

Oct. 15 (Sat)

昨日の夜中から車で野沢温泉へ。 最初はダイビングへ行く予定でしたが、台風が近づいている
こともあって、波が高いと思ったので温泉地へ行くことにしました。
急遽お泊りセットを用意し、布団を車に積んで途中のSAで車中泊。 その後のんびり野沢温泉に
到着してまずは宿探し。 ベストシーズンを外していることもあって観光客は少なめでしたが、宿街は
意外にもひっそりした印象でした。

素泊まりで4500円/大人1人の宿を見つけてチェックイン。 お部屋も広くてキレイでした。
詳細はまた旅行記を作ろうと思っています。

初日の今日は13箇所ある外湯(入浴料無料)のうち半分近くを徒歩で周りました。
ここの温泉の特徴は湯花がとろっとしたヘドロのような感じであること。 表現は悪いですが、ホントに
そんな感じでした。 そのうち5件くらいは源泉かけ流しのようで黒い湯花がいい温泉のしるしと地元
のかたから教えていただきました。 温度も比較的高くてかなり熱いのも特徴です。
遠慮なく冷たい水道水を加えていいようで、熱がる私を見た地元の方が湯揉みをしてくださったりと
とても好意的でした。 
足湯がたくさんあるのも嬉しいです。 全部で10箇所ほどあるのですが、これがまた気持ちいい!
足を拭くためのきれいなタオルを用意してくれているところもあってなんとも親切です。
場所によっては玉砂利が敷いてあったり、湯揉みするための道具がそろえてあったり。
気軽に利用できる工夫がされていました。

たまにおしゃべり好きなおばちゃんに遭遇すると返答に困ったりしちゃいますがそれも外湯の楽しみの
ひとつでもあります。 
街の人も実に気さくに挨拶してくれるので、街を歩くのが楽しいところでしたよ。

Oct. 13 (Thu)

久しぶりに接骨院へ行って来ました。 どうもここ数日からだのあちこちが痛くて・・・
右モモ付け根でしょ、首と方と右腕。 とにかく首から肩、指先まで痛いので先生に鍼治療をして
貰いに行って来ました。 
季節の変わり目になると、急に肩こりなどが気になりはじめてしまう。 実年齢をずっしりと実感?!

先生によると、やっぱり陽気とか季節の変わり目に調子が悪くなることはあるんだそうだ。
年齢も近いし、同性だし、とても話しやすくて、近況報告したりと先生には仲良くさせてもらってて
かれこれ3年近くお世話になっています。

電気治療と鍼治療をしてもらって、背中に8本、腕に1本の置き鍼をしてもらって治療終了。

今夜から大奥 華の乱の放送開始。 2003年から放送されて今年は3作目になります。
ハラハラドキドキの内容で、見入ってしまいましたー。
もちろん主人はそんな私に呆れ顔。  お願いだからそっとしておいてくださいな。

そうそう、炊飯器の時計表示が電池切れでされなくなっちゃったんですよ。
炊飯器にも説明書にも『あけるな危険』ってあったんですが、主人にあけてもらったところ
半田でがっつり電池がくっついていました。 説明書をよく読むと電池寿命は4~5年とのこと。
電池交換をするときは有償でサービスセンターに出せとありました。 防水時計でもあるまいし
そんなもの消費者が簡単に交換できるようにつくれっつぅの。 

Oct. 12 (Wed)

【実録鬼嫁日記】を楽しく拝見していたときのこと。
私がゲラゲラ笑っていたら主人が『突然笑わないで。びっくりするから。』というので声を殺して
読んでいたら今度は『さっきまでバカ笑いしてたのに、突然静かになると心配になる。』だって。
じゃぁ私はどうしたらいいんだ???と内心思いながら、続きを読んでいて本当に面白いので読んで
みてって勧めてみました。

主人は【実録鬼嫁日記】の一部を読んで一言・・・ 『Kiaoraと一緒じゃん』ですって。

自分ではあんまり気がついてないのだけど、主人に言わせると私は主人の問いに対して
主人が求めているような返事をときどきしてないらしいです。 マジで? そらー悪かったわね。

そのときはきっと私がわかるように質問してないんだと思います。私は悪くない。 たぶん・・・。

Oct. 11 (Tue)

ここ数日、どうも玄関が臭います。 『臭う』というくらいですから、いい匂いではありません。というのも
ずいぶん前に買ったスポーツサンダルを今まで一度もちゃんと洗ったことがないので洗うことにしました。
※川とか海へ行ったときに履いて行って、帰ってきたらちゃんと乾かしてたので、洗剤で洗ったことがない

臭いチェックをしたら、夫婦揃って臭かった・・・。
たぶん、海で履いていろんな潮とか草とか水気とかくっついたりして生乾きだったからだと思います。

バケツに2足分突っ込んで、洗濯用の粉石けんを入れて温かいお湯を勢いよく入れてしばらく放置。
そしたら悪臭は取れて、気持ちサンダルもきれいになりました。 明日晴れるみたいなので外に干そうと
思っています。

そのことを夜、仕事から帰ってきた主人に報告したら『Kiaoraのサンダルが臭かったんでしょ?』だって。
私より、あなたのサンダルのほうがきつかったです。とは正直に言えず、『2つとも!』と言っておきました。
明日になったらたぶん主人はこの日記を読むと思うので、真実を知ることになるでしょう。

Oct. 9 (Sun)

朝起きたらやっぱり伊豆は雨でした。 風がちょっとあるので波も高そうだし、気温も下がっていたので
丘番をすることにしました。 潜れないと判った時点で帰ってもよかったのですが、前日同じように車で
来ていた仲間は自分の車をクラブハウスに提供することになっていて帰りの足がなかったので、乗せて
一緒に帰ることになっていたし、その人は今日潜るといっていたので、夜になってから帰ることに。

なので、今日はみんなのマネージャー役に徹することにしたのです。ただ一緒にダイビングポイントへ
行って、帰ってくるだけだったんだけど(笑)雨は降ったり止んだりを繰り返し、ときどき突風も吹いたり
してたし、ただ車の中で待機しててもつまらないので、潜る人たちについていってエントリーする場所まで
行って見送ったりしていたときのこと。

今日は波が高くて、ときどき大きな波がダイバーの行く手を阻んでいました。
明らかにビギナー中のビギナーを10名近く引き連れているインストラクターやガイドもいたりして
『なにもこんな天気の中、中年ビギナーを連れて潜らなくてもいいのに・・・』と思うほど。
富戸のダイビングポイントの出入り口はしっかりした手すりが設置され、その先にはガイドロープも
渡されているところ。 丘から海の中の程よいところまで、コンクリートのスロープがついていて、比較的
エントリーもエグジットもしやすいところですが、今日は波が高くて強かった。

大きな波をまともに食らったら足元はフィンをつけているので滑ってスロープの段差から落ちてしまったり
硬いコンクリートに体が打ち付けられたりします。ビギナーは自分のことでいっぱいいっぱいなので、
ほとんど波を見ていません。ガイドやインストラクターが手を貸している風景を何度も見ました。

そんな中、女性2人が海から上がろうとしていて私たちは彼女を見守っていました。
近くにガイドもインストラクターもいる様子がなく、彼女たちは必死で手すりに捕まりながらエグジット
しようとしていました。そのとき、大きな波が彼女たちめがけて打ち寄せ、1人が滑って転んでいました。
もう1人が一生懸命転んだバディーを助けようとしていますが、波は容赦なく彼女たちを襲っています。
仰向けに近い形で転んでいるのでなかなか起き上がれず、かなり苦戦していたのでそんな様子を
見かねた主人が、ウェットスーツも着てないのに救助へ向かいました。着替えなんて持ってないし、
マスクもシュノーケルも装備していません。 下手したら機材を背負っている彼女たちより主人のほうが
危ないのに、主人は勇気を持って彼女たちに駆け寄り、体制を整えて助けてあげていました。

そんな主人を見てちょっとかっこいいなって。

それなのに!助けてもらった女性は主人をスタッフかなにかと間違えたのか、それとも助けてもらったという
状況がわかっていないのか、主人にありがとうの一言も言わなかったのです。
別に溺れていたわけではないし、本当に彼女が助けを必要としていたかどうかはわかりません。
もしかして自力またはバディーと2人で切り抜けたと思っていたかもしれません。
でも、でも、それでも手を貸してくれた人がいるなら一言なにか言ってもいいと思いませんか?

ありえない~ 性格ブスって最低だなって思いました。

Oct. 8 (Sat)

今週も東伊豆に行って来ました。 今回のダイビングポイントも海洋公園。
波は多少あったものの、どうにもならないほどではなかったので慎重にエントリーしました。

ときどき大きな波がやってくるので、腰を低く、ひざを軽く曲げてガイドロープにしっかり捕まり波を良く
見て構えないと背中に背負っているタンクの重みで吹き飛ばされそうです。
以前、私は構え方が甘くガイドロープが設置されている岩に激突したり、足をすくわれたときに両膝を
コンクリートに打ち付けて半べそになった経験があったので、海洋公園は私の中ではかなり鬼門。 
メンバーも経験がある人が多く、私がここを苦手としていることはわかってくれているので、しっかり
サポートしてくれましたが、自力でエントリーすることに成功! 確実に自信をつけています。

水面はうねりがあっても、台風でもない限り海の中はとても穏やかです。
水深10m近くともなればうねりの影響をほとんど受けることなく、自由に潜ることができます。
この日の透明度は15~18mほどあったので、周りの景色もよく見えて地形がわかるほどでした。
多少みんなと離れても大丈夫なほどです。 潜り始めて一番の根を超えてクマノミがいるポイントへ。
そこでミツボシクロスズメダイを見ました。 小さくて黒くてとてもかわいい魚です。まだ幼魚なのか
白い斑点がくっきりしていました。 
2本目潜ったときには漁礁でカンパチがキビナゴを追いかけているところを見ることが出来ました。
キビナゴの数はすごかったです。 とても数え切れないほどの大群がキラキラしながら私たちの周りを
回遊しているさまは本当にキレイ。 

このとき、私はバディー(毎回私のバディーは主人が勤めてくれています。)のオクトパスからエアを貰う
練習もしました。これをオクトパスブリージングといいます。先週、自分のレギュレター(セカンドステージ)
の調子が悪くて、イザというとき冷静に対処できるように練習しておきたかったので潜る前に主人に
練習に付き合ってくれるようお願いしたからです。
呼吸を整え、右手は自分のレギを左手では主人のオクトを持ち、レギを口から離します。
このとき息を口から少しずつ吐きながら行います。 そしてすばやくバディーのオクトを咥えます。
これで完了。 
ダイビングのライセンスを取るときには必ずこの練習を行います。 ですが、バディーのエアーを貰う
事態になることは滅多にないのでほとんどの人は実習のときに体験するだけで、それ以降は
やらない場合が多いのです。 
いつ何時ハプニングが起きるかわからないのでたまにはこのような練習をすることも大切なことです。 

何事もなければ楽しいダイビングですが、イザというときのことも考えるとやっぱり信頼できるバディーと
組んで潜ることが理想的です。 経験と信頼がバディーの命を守り、そして自分の命も守られます。

Oct. 2 (Sun)

昨日の疲れが残っているのか、今日は1日ぐったり。 自宅でまったり過ごすことになりました。
夕方に両親が送ってくれたトマトを友達に配りに行くことに。
編み物教室でいつもいろいろ料理を教えてくれたり、手作りのおかずをおすそ分けしてくれる
パープルさんのところにも持って行ったら、御礼にと手作りのおしるこを頂いてしまいました。

自宅に帰ってから、バニラのアイスクリームと一緒に食べたらとても美味しかったです。

Oct. 1 (Sat)

前日の夜に自宅を出発して伊豆に到着。今日はダイビングを楽しみました。
波の状態はあまりいいとは言えないけど、エントリーできないほどではないので
ダイビングをすることに。
1本目は前回より深いところへ行ったこともあって耳抜きに間誤付いたけど、
水温もそこそこあっていい練習になった。 魚は・・・あんまりいなかった。

ちょっと焦ったのは2本目。
1本目あがってくるときにも気になったのだけど、どうもレギの調子がよくない。
レギとはタンクに入っている空気をダイバーの体内に取り込むため装置で、
正式にはレギュレーターと言います。いつも略してレギと言ってます。
タンク側に繋ぐ方の装置がファーストステージで、ダイバーが口に咥えている方は
セカンドステージと言います。
私も詳しい仕組みはわからないのですが、このセカンドステージの中にある弁が
調子悪かったみたい。
通常は空気を吸った時だけ空気が取り込まれるようになっているのですが、この時は、
吸ってない時も、ずっと空気が出たままの状態になってしまいました。
通常はしない異常音が鳴り続け、ダイビング中の呼吸がしづらい状況に。。。
大量に空気が放出されている訳ではないのですが、このままだとタンクの空気が
なくなってしまうのではと不安に。。。
タンクに入っている空気は圧縮されたものが10リットルも入っているので、すぐにエアー切れに
なることはないのは分かっているのですが、初めてのトラブルなのでちょっと不安になりました。
ですが、ダイビング中でもっとも危険なことは、パニックに陥ってしまうことです。
自分を落ち着かせ、状況を把握し慎重に対応するよう気持ちを切り替えました。

レギ(セカンドステージ)にはパージボタンがついているので試しに押してみることに。
すると正常に戻ることがわかりました。
しかし、しばらくするとまた同じように空気が常に排出されてしまう状態になります。
タンク内のエアー残量を示す機器(残圧計)をマメにチェックしながら調子が悪くなったら
クリアボタンを押すことでその場を乗り切ることにしました。

海に潜って20分・30分と経過しても、レギの調子は相変わらず。。。エアーの消費量は思ったほ
どひどくはなかったのですが、常にあちこちチェックしているので結構忙しい・・・(笑)
あまりにも頻繁に調子が悪くなるので、ダイバーが予備に装備しているオクトパスを左手に抱えて
いつでもそちらのほうを咥え直せるようにスタンバイ。
ですが、これは本来バディー用です。 なので自分で咥えようとすると、オクトパスのマウスピースの
向きが逆向きになってしまうのでとても咥えづらい。 そう、私はこういう場合、自分のバディーに
オクトを貸してくれるよう依頼するということをすっかり忘れていました!(笑)
まぁ、咥える向きが違うので咥えにくいというだけで使えないことはなく、自分で自分のオクトを
咥えられると踏んでのことだったのでさほど深刻には考えていなかったのですが・・・・。

海からあがったら、主人が『残圧計をマメにみたりオクトを抱えていたけどどうしたの?』
と言って来ました。 主人は私の異変に気がついていたのです。 私が海の中で主人に
異変を訴える行為がなかったけどいつもと違う動きを察知して、注意して傍についていて
くれていたようです。私はそのことがとても嬉しかった。 レギの調子が悪いこと、
どんな症状で、どんな風に対処したかまで出来る限りわかるよう説明をしました。
で、結局今シーズンは様子を見ることにして、来シーズンにはメンテナンスに出すことになりました。

主人はこのようなトラブルになったのは初めてなのに、よくパニックにならず冷静に対処したと
褒めてくれました。 また回数を重ねる度に上達しているねと褒めてくれました。
いつも私のバディーを勤めてくれる主人が一番私の上達を見ているので、その主人にそう言って
もらえるのが一番嬉しいです。
Kiaora' Diary
足跡を残してみませんか?
掲示板
Diary Index
年度別日記INDEX
当サイトは
文字サイズ「小」
で最適表示される
よう作成しています。


Allen Rd.トップページへ