ハムスターはペットとしての歴史が猫や犬と比べて浅いので
本能的に病気や怪我は外敵に悟られないように隠そうとします。
ハムスターを飼うときは、日々の観察を怠らず、ちょっとした変化に注意してあげてください。

■ 擬似冬眠 ■

擬似冬眠 症状  死んだように体が冷たくなる 動かない
原因  気温が5度以下になっている

ハムスターの環境適温は18度〜26度だと言われています。気温が5度以下になると本能的に冬眠に入ってしまいます。 (気温が急激に下がれば5度にならなくても冬眠に入ります)気温が下がると一時的に体温や代謝を下げてエネルギ−の消費を防ごうとします。
一時的であり冬眠とは異なるため、これを疑似冬眠というそうです。本当に死んでしまったかのように体は硬くなって呼吸もしていますがほとんど分からないくらいになってしまいます。
体温や心拍が低下するためにハムスターにとっては非常に負担がかかります。一度体温が下がった状態から代謝をあげることができずにそのまま死んでしまうこともあります。
(ドライヤーで暖めて復活させたという飼い主もいます)飼育環境では保温をしっかりとして冬眠をさせないように十分注意してあげてください 。