ディスク気化式 加湿器

今まで使っていたスチーム式の加湿器がそろそろ寿命なので新しい加湿器を 購入しようといろいろと比較・検討してみました。

BONECO 2001年にボネコ 1355Nを購入し、以来ずっと愛用して います。 2台目ももちろんボネコも候補に含めて検討しました。 候補は3つ。 三菱電機のラクリアミスト SV-DK807 ボネコからは1355WHと2055をメインに比較してみました。 今回の加湿器をを買う条件としては 気化式であること フィルター交換が不要であること お掃除が簡単に出来るシンプル設計であること


1台目のボネコ 1355Nを購入したのが2001年の出来事。 日記 2003-10-28参照 結婚する前に主人が気管支の弱い私のために就寝中も部屋を必要以上に湿らすことなく長時間の連続運転が可能で お手入れが簡単だということで買ってくれたのが最初でした。 ・消費電力は少量で済む ・電気代は1時間33銭 1日約8円 ・過加湿を防いでくれる ・タンク容量が7L(水槽部分3L タンク4L) ・加湿能力 約300ml/h (湿度40-50%をキープ) 遠赤外線暖房機などロングセラーである理由がいっぱいあります。 購入当時はあまり深く考えず、某有名通販雑誌で 賞賛されていたので主人におねだり・・( ̄m ̄〃) 一緒に遠赤外線暖房機 アングレイヤーも 買ってもらった記憶があります。  今回2台目の加湿器の購入するにあたって、いろいろと検討して思ったのは、 当時、何の気なしに買って貰ったボネコだったけど、今にして思えば、 とてもいい物を買ってもらっていたのだと分かったことです。 改めて夫には大変感謝しています。 基本的な機能はずっと変わってないんですよね。 ※もうちょっとコンパクトサイズも作って欲しいけど 世の中、こんなにも物が溢れていてめまぐるしい速度でモデルチェンジしている中、基本機能を変えない スタイルって凄いなって思います。 シンプルな設計でありながら無駄がほとんどなくほぼ最終形に近いということですもんね。 ※実際には2007年モデルはディスク部分が進化したようです。 ボネコ1355シリーズ適用畳数が約30畳とかなり広いので、今使っているボネコを1Fリビング(15畳弱)で使うとして 寝室で使うのはそれより適用畳数が少ない気化式の加湿器を探してみました。 しかしディスクタイプのものは三菱電機 ラクリアミスト SV-DK807 またはデロンギ ボネコ 1355シリーズ、 そしてボネコ ディスクエバポレーター 2055の3機種にたどり着きました。 ディスク式の気化式加湿器で探そうとするとデカいのしか選べないのが今の現状なんですね・・・ 残念。 ■【消耗品について】■ 気化式の加湿器は各メーカーともに趣向を凝らした様々なものが発売されていますが、フィルターの交換が1〜2シーズン 毎に必要となります。 定期的に洗うことが出来るように設計されていますが、それも限界があり、いつかは交換が必要に なってくる。  ベンタのLW14-WJも検討してみたのですが、ハイジェン液 (4,300 円)クリーナー (2,800 円)を必要として いるようでこれも却下。三洋電機のヒーターレスファン式加湿器フィルター (2,000〜3,000円)が必要。 ボネコだって結局はシルバースティックの寿命が5・6年であることを考えたら1本3,360円するみたいなので、なにを 買っても数年後にはなにかを買わなくちゃいけなくなるってコトです。  考えたらエアコンや掃除機だってフィルターは交換する時期がくるし、車だってそうだもんね。  維持費ってのはなにに対しても大体掛かるもんだ。 ちなみにボネコの13581359シリーズは3〜4ヶ月に1度(およそ1シーズンに1回)フィルター交換が必要です。 フィルターの価格は2,000〜3,000円。 ■【ボネコの欠点について】■ ボネコを使っていて不便だなと思うのはまず大きさ。デカイです。 30畳まで対応できるのだから当然と言えば当然だけど 日本でこれだけ売れている機種なのだから、日本の住宅事情に合わせてもう少しコンパクトサイズを作ってくれてもいいのに と思ってる人はかなり多いと思われる。 今の1/3の大きさでも十分なんだけどね・・・。  あと、上カバーが水槽にかぶさってるだけの構造なので水槽に水が入っている状態での場所の移動は注意が必要。 水がこぼれる可能性大。 ホントただ被せてあるだけなんですよ。 どこも噛んでない。  それからディスクに付着したハウスダストが水槽にたまっていくのでそれは定期的にキレイにしたほうがいいですね。 そこだけ容認できれば、フィルターもないし ディスクは水洗いすればいいし、水は腐らないし、長時間連続加湿が可能で 過加湿することもなく電気代の負担も少ない。 構造がシンプルなので故障もしにくいんじゃないかと思います。 まだ現時点では使用期間がまる4年目、5シーズン目を迎えたばかりですが・・・。  使用には大変満足しています。 ボネコの使い勝手や満足度を踏まえてリサーチし、今回購入を検討してる加湿器のひとつがラクリアミスト SV-DK807 こちらもボネコの1355シリーズや2055同様、ディスク気化式タイプでフィルター交換不要が売り。  魅力的な機能のひとつがカルキ回収システム水脱臭機能。 まずカルキ回収システムですが給水タンクが2重構造に なっていて、給水のたびに水槽に溜まった濃度の高いカルキ水を回収タンクに回収するという構造になっています。   文章で説明するのは難しいのでメーカーサイトを参考にしてください。解説図が掲載されています。  それから水脱臭機能付きというのも業界初なんだそうです。 生活臭をディスクがキャッチしてニオイ成分をカルキ水回収 タンクが吸い上げてくれるので、給水時に要らないカルキ水を捨てるだけなんですって。 他にものどガード機能やうる肌モード 除菌ユニットなど嬉しい機能もついています。  でも、ボネコだって空気中のチリやホコリ、雑菌、タバコの煙をディスクに付着させて水槽に溜める仕組みなので、三菱の ラクリアミストと大差ないように感じられます。それから、ボネコの本体に装着してあるシルバースティックは銀イオンにより 水槽内の雑菌の繁殖を抑えてくれる役割があります。 消去法で行くと三菱 ラクリアミスト SV-DK807ボネコ ディスクエバポレーター 2055デロンギ ボネコ 1355シリーズは同じ形を既に持ってるし、ボネコ 2055のほうが形がかっこいいかなーと。 スペックを細かく見てると1355WHのほうが消費電力や電気代も節約設計になってるんですけどね。 ラクリアミスト SV-DK807は、ボネコより更に重いし (基本的に使用時に移動することはないけど・・・) 連続加湿時間は短いし、消費電力も騒音レベルもボネコより上なんですよね。 まだ新しいのでいいのか悪いのかのクチコミも 少ないです。  とりあえずボネコの2055で決まりそうです・・・。


当サイトは文字サイズ小で最適表示されるよう作成しています。

  三菱電機
ラクリアミスト
SV-DK807
デロンギ
ボネコ
Mod1355WH
プラストン
ボネコ
Mod2055
ベンタ
エアウォシャー
LW14J
三洋電機
CFK-VW500A
発売日 2007年9月 2007年10月 2007年9月 2007年9月
メーカー希望
小売価格
\48,500 \48,500 \46,800 \31,500 オープン価格
最安価格
(2007.12リサーチ)
\27,500 \26,681 \35,048 \27,500 \14,400
平均価格
(2007.12リサーチ)
\32,381 - \36,800 (▲1万円) \30,377 \18,509
楽天ランキング
(2007.12リサーチ)
14位 1位 4位 9位 13位
価格.com
(2007.12リサーチ)
2位 55位 通販生活限定品 109位 22位
ECナビ
(2007.12リサーチ)
1位 不明 64位
(過去最高15位)
ランキング外
(過去最高2位)
33位
(過去最高8位)
原産国 日本製 チェコ製 スイス製 ドイツ製 日本製
本体外寸
幅×奥×高(mm)
385×255×405 380×330×425 350×360×375 240×270×300 320×280×400
本体重量 8.2kg 6.0kg 6.0kg 3.0kg 5.3kg
適用畳数
木造和室/プレハブ洋室
〜13.5畳(22m2)
〜22畳(37m2)
〜30畳 35畳 〜10畳 8.5/14畳
タンク容量 6L 7L 7L
(タンク:4.5L、水槽:2.5L)
4.5L 4.5L
加湿能力
(最大)
800ml/時 300ml/時 360ml/時 250ml/時 500ml/時
連続加湿時間 約6.6時間 約22時間 約19〜22時間 約9〜12時間
騒音レベル 連続加湿 39dB
静音モード 27dB
25dB 37/42 dB
消費電力
50Hz/60Hz
20/25W 強15W/弱8W(50Hz)
強12W/弱7W(60Hz)
強:20W、弱:11W 25W 25/28W
電気代・1ヶ月
22円/1kWhで算出
約240円 約300円 約132円(50Hz)
約148円(60Hz)
8h/日で算出
電源コードの長さ 1.65m 1.9m 2.8m
ディスク枚数 21枚 16枚
雑菌対策 除菌ユニット
抗菌ディスク
シルバースティック※1 シルバースティック※1 ハイジェン液※2
(50ml2本付)
除菌フィルター
オプション シルバースティック
追加購入可
シルバースティック
追加購入可
ハイジェン液 
クリーナー 
専用アロマオイル
メーカーサイト 三菱電機 デロンギ プラストン 英語 ベンタ 三洋電機
その他 メモ 1355Wの後継機種

シルバースティック
3,360円
交換目安5・6年に1度

保証期間:3年間
部品10年間保有
シルバースティック
3,360円
交換目安5・6年に1度

保証期間:3年間
部品10年間保有
クリーナー 2,800円/年

ハイジェン液
使用量不明

保障期間:2年間
除菌フィルター
2,000〜3000円
1〜2シーズン毎
詳細画像掲載サイト
商品紹介
yamagiwa
ニホンテレフォンショッピング
商品紹介
セブンドリームicon
暮らしナビ
yamagiwa
商品紹介
ベンタ ジャパン
LW14J〜LW44J
LW14-WJ〜LW44-WJ


※1 『抗菌用シルバースティック』の寿命は5〜6年 追加購入可能

※2 水道水にベンタ・ハイジェン液を1目盛り分    毎日減った分の水を補給し10〜14日使用出来る
   ベンタ・クリーナーは1年に1度使用

ディスク気化式の加湿器は最初の1週間程度はディスクが水を弾いてしまい、ほとんど加湿効果が得られないようです。
新品かつプラスチック製であるために起こることのようです。 なので馴染んでくるまで待ったほうがいいようです。 

参考 各メーカーパンフレット/【価格.com■【参考サイト様】■
[ボネコ]
1358・1359シリーズ
■[住まいを考える] All About  続・ボネコの加湿器 使用レポ! 
 ボネコ加湿器・気化式 フィルターマット型(丸型・角型) 1358・1359シリーズ 2003年11月10日掲載

2055のんびり主婦のカタログ通販 大好き倶楽部  ボネコ気化式加湿器を使ってみました
 掲載日不明
■タンス タンス タンス  通販生活で購入したボネコ2について
 2006年01月06日掲載

1355W駆け足の毎日  加湿器「ボネコ」購入。 
 2007年11月24日掲載


[三菱]
ラクリアミスト SV-DK807RC 外断熱 住み心地レポート 加湿器買いました。
 2007年12月2日掲載

■成長する家 つれづれ日記  住み方勉強会〜加湿器〜 
 2007年11月23日掲載


購入後のレポを作ったのでよかったらコチラも参考にしてみてください。
 *2007年12月 ディスク気化式 加湿器 ボネコ Mod2055 購入レポ*